ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2017年10月15日

魂の一致

おはようございます♪

先日のライブといい、昨日の学生達の出会いといい、気持ちのいい事が起こるとその日の流れがとてもよくなります。

自分が何を求めているのか

きっとそういうことなんだろうなぁ

って

気持ちのいいことしよう!!!



今日も良い一日を!
posted by macky at 09:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

まだまだやれること

こんばんは♪

久しぶりに母校に行ってきました。

吹部は自分が創設したので、とても感慨深いものがありました。

とても立派な音楽室。練習用に別棟を使用していて、とても環境がよくなってました。

まあ、もう35年前のことなので、でもこれまでの顧問の先生や関係各位のご努力の成果で、本当に感謝申し上げます。

一人一人はとても素質を持っていて、一昔前の大学生並みのクオリティを感じました。

今日はアンコンのための予選会ということで、個人がそれぞれ練習して音楽室に向かっていく様子は緊張感が漂ってましたわ。

ちょっと工夫すれば一人一人まだまだ延びしろのある子がいる予感。数人の子と話ができて、それを感じることができました。

なんだかんだ言って吹奏楽が音楽の入り口になってるいるのを実感した次第です。

また遊びにいきたいし、他の学校の子達にも楽器の楽しみ方、音楽の接し方を伝えたいと感じました。

本当にちょっとした気付きで劇的に変わる様子は、いつものことではあるけども本当に何おもにも換えられない喜びでもあります。

そういう機会をもっと増やしたい♪

でわでわ
posted by macky at 22:29| Comment(0) | 吹奏楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

タンギングが大きくなるとき

タンギングが大きくなったり、強くなりすぎたり。

そんな時は、案外息が出ていません

ノータンギングで十分息が足りてるか確認してください♪
posted by macky at 12:02| Comment(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイトーンの練習で気をつけること

おはようございます♪

新燃岳、噴火しましたね
あ、九州は霧島連山のひとつです。

レベル3

この時期だと西風になるので、風下になる宮崎市は

灰が降る〜



6年前みたいにならないことを祈ります。

さて、ハイトーンの練習で気をつけること

それは




ただ、ハイトーンが吹けても意味ないです



ということ。

当たり前のようですが、まずは音が出ないと

って思うじゃないですか?!

でも、そこで作られたアンブシュア

本当に正しいですか?

自由にタンギングできますか?
特にトロンボーンにとって他の金管楽器以上にタンギングは大事です。
(このことについては、別の機会に書きます。)

ピアノで吹けますか?
フォルテで吹けますか?
ダイナミクスは出来てますか?

中音域のチューニングのBbと同じパフォーマンスができて、

初めてハイトーンに意味が出てきます。


やること増えましたね〜

さあ、頑張って練習、練習っ〜♪




今日も良い一日を♪
posted by macky at 07:35| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

帰ってきました

こんばんは♪

ついに我が愛機が帰ってきました。
名リペアマンHしに依頼した新しい形のトロンボーン。

かなりヤバイです😲

予想以上の出来映えにただただ眺めるばかり。

吹いてみて、更にビックリ♪

とても吹きやすい

思いきってお願いしてよかったです。
まだ、いろいろ試さなければいけないことがあるので、お披露目はもう少し先になりそうです。

落ち着いたら報告しますね〜♪
posted by macky at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初級者のために

こんにちは♪

週末に向けて天気悪くなりますね〜<。オフの度に雨。。

でも先日晴天の中、嫁さんとえびの市の白鳥神社に行ってきました。
それはそれは荘厳な佇まいでした

なので、今回は雨でもいいです(負け惜しみ)。

さて、初級のトロンボーン吹きのために、最初にやるべき練習を話します。
といっても、これは上級者になっても怠ってはいけない練習です。
それは

インターバル

なぁんだ

って言ったそこのあなた

侮ってはいけません。

スライドワークはトロンボニストの命
他の楽器には見られないハードワークですが、これをきっちりルーチン化すること。
最初が肝心なのです。そして、それを習慣化すること。

最初は大変だけど、慣れてくれば大した事ありません♪

詳しい練習方法知りたい方は連絡くださいね〜♪
https://www.facebook.com/yukihiro.makino.52?ref=bookmarks
posted by macky at 11:37| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

あの曲の演奏が記憶に残って

先日のイベントで、環境が最悪だった話しましたけど、そんな中でもとてもいい感じになった瞬間があります。

Cross to You

演奏していて本当に気持ちよかった

そこにいるお客さんと音楽を共有できた感触

こうなるとアドリブも気持ちよく決まっていきます。

1曲でもそういうのがあると、「やって良かった」

音楽最高 トロンボーン最高

って

感謝の気持ちでいっぱいになります

また呼んでください♪
posted by macky at 09:10| Comment(0) | 音楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい音でなければ

ただ吹ければいいというものではない。

どの楽器でもそう(打楽器も)

いい音でなければ意味がない

客席から聴いてもダメ
実際に目の前で感じないと

だから、その人に会って目の前で聴くこと
または、その音を知ってる人に聴いて貰うこと

間近で聴く
間近で聴いたことのある人に聴いてもらう

私は学生時代間近で聴いてきました。
多分、その記憶が唯一の財産なんだろうなと。

あと、素直な気持ち
全部自分が詰まってる人は、そこで成長が止まってるようなもの

自分を持つのは大事だけど
聴く耳を持ってない人はそれ以上になれないです。

今日も一日、学校も仕事も音楽も頑張りましょう
posted by macky at 09:04| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

ハイトーンのこつ

金管楽器が上手くなるには〜中級者編〜にも書きましたが、要は生きのスピードに耐えられる正しいアンブシュアが出来ているかどうか。

その上でのリップスラーの練習

ということになります。
でも、「リップスラーが正しいアンブシュアを作る」ということも言えて、注意を払いながら練習しなければならないというわけです。

なので、中学生まではあまり音域にこだわらず、

○音楽のルールを覚えたり
○良い音楽をたくさん聴いたり
○体力づくりしたり

することがとても大事。

身体の成長が著しい10代前半でハイノートにチャレンジしないほうがいいと思います。

それまでに耳を鍛えること=良い音楽をたっぷり聴くこと

その上で、ハイノートのコツを言うと

○アパチュアを出来るだけ保つこと
○マウスピースにプレスをかけすぎない
○頭の位置に注意する
○ブレスを注意する

などなど。

いっぺんに注意するのは無理なので、一つ一つ無くしていくようにするといいと思います。

頑張って練習してくださいね〜♪

今日も良い一日を
posted by macky at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金管楽器がうまくなるには〜中級者編〜

こんばんは♪

今日はちょっとおっちょこちょいもあり、完全オフでした

でも、1日を振り返ると、それで良かったのかなと。
N先生にはご迷惑をお掛けしました。。。

さて気を取り直して。

今回はハイトーンのお話。
中級者というとどの程度かという話になりますが、ある程度楽譜が読めるようになって、技術的にHi-Bbが吹けるようになった方を対象に書きます。

中級者になると、ハイトーンを続けて吹くのに憧れるようになると思います。
ハイトーンは息のスピードが大事になります。

ということは

それに耐えられるアンブシュアが必要

なので、リップスラーの練習を重ねましょう

コツは、部活などの練習を終えた後に、疲れた唇で行うこと。
呼吸と楽器のプレスには十分注意しましょう

楽器の持ち方もコツが有ります。
この辺を注意すると格段に密度の濃い練習になりますよ。

筋トレと同じなので、毎日する必要はないです。
一日おきくらいですかね。週3ペースくらいがいいと思います。

これはトロンボーンに限らず金管楽器全員に言えることなので、皆さんがんばってくださいね〜♪

県内、県外関係なく伺いますので興味のある方は気軽にご連絡下さい♪

それでは、おやすみなさい♪
posted by macky at 00:13| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする