ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2016年04月30日

イベント・ライブのお知らせ

5月はイベント・ライヴが続きます。
5月5日、宮崎トロンボーンフェスティバルinのべおか。
5月11日、スタッフォード・ハンターライブinマスカレード。

フェスティバルも11回目を迎えます。
私も去年から及ばずながらお手伝い再開です。今年は震災の影響で開催が危ぶまれましたが、被災された参加予定の方々の意向もあり、予定通り開催されます。
個人的には4年ぶりに教山了悟君と再会することが楽しみ。龍谷大学では吹奏楽・アンサンブルともに全国金賞を獲ったらしく、彼の成長ぶりを楽しみにしてます。
単純に愛弟子に会いたいという親バカの心境なんですけどね。

ハンター氏のライブは、嫁さんの師匠である國友先生のお店で開催されます。
もちろん、ホストは先生です。
氏については、ほとんどというか全く知らなかったのですが、youtubeに演奏がアップされていて、バリバリバッパーの方みたいですね。でも所属がエリントン楽団なんです。4年くらい前に加藤さん率いるバックボーンと共演されているらしく、今年は来日中、マスカを含めて結構な数をこなされるみたいです。
こちらも楽しみです。

ぜひ、ご都合のつく方、トロンボニストだけでなく、音楽の好きな方、これを機会にトロンボーンの魅力を感じていただけたらと思います。
20160430063539804.jpg20160430063605244.jpg
posted by macky at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新兵器

今年中の目標のひとつにゴルフスコア70台というのがあります。

スイングスキルが上がってないとできないスコアだし、コースマネージメントも大事になってきます。

なので、これまで相性のよかったコースで目指すのがベターなんでしょうが、クラブも絶大な信頼がないと実現できないでしょう。

そういう意味では、3年間試行錯誤したドライバーもエースといえるものが見つかり、長年愛用していたPP737とも別れを告げて、PRGRのDATA601に変更。これは737に負けない素晴らしい作りでした。さすが三浦技研!!。もちろん、いきなりコースデビューで結果を出してくれました。

そして、ボールも久しぶりにBSに。今のトレンドはタイトリストにスリクソンですが、一番練習していた30歳台のころジャンボや二人のニックの活躍でBS全盛。相性としてはこちらの方が良いですね。

そしてウェッジ。
これまた20年近く愛用していた588とついにお別れすることに。
当時人気が出始めていたこのウェッジは、実はあまり相性が良くなく見栄で使っていたところもあって、大きな失敗を招いていたんです。

それでも良い思い出も沢山あって手放せないでいたんですが、先日もバンカーでやらかしたので、ローバンスのものを探すことにしました。もともとローバンス派なんです。

当時のウェッジに今のような選択肢はあまりなく、クラフトでバンスを削ってもらうしかなかった時代だったのですが、たまたま最初に手にしたのがウィルソンのGWで、イエローブラスのフェイスがお気に入りでした。今思うと手放さなければよかった。

で、新兵器を導入するにあたりネットで物色していたところ、BSで良いのを見つけました!伊沢選手が全盛のころのモデルです。BSのデザインはジャンボの時代から好きですね。

ウェッジ選びのポイントについてノーマンはyoutubeで、ローバンスかハイバンスかでスィングが変わってくると言ってました。逆に言うと、自分のスィングにあったバンスがあるということです。ここを間違えるとバンカーやアプローチは上達しないことになります。

人気があるとはいえ、苦手なクラブを使ってきたわけです。この辺りは楽器選びも同じですね。自分に合ったもの、オンリーワンを見つけることです。

まあ、ゴルフは唯一の趣味なので、人気のあるクラブを使う楽しみもあります。

自分の良い部分を引き出してくれるクラブや楽器に出会えるという楽しみも、ゴルフや音楽を楽しむ方法のひとつじゃないかなぁと思います。



posted by macky at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

最近わかったこと

ゴルフのスイングの話。

どうもスイングプレーンを誤解していたらしい。
30歳台はじめのゴルフを始めたばかりの頃、ボディターン全盛期。でも体を回す勢いで腕を振るので正確性は確かに出てくるのだけど、飛距離が落ちる。

キャビティだとあまり不具合はないけど、マッスルバックだと腕が振れてないと極端に飛距離が落ちる。

等々、若いうちは勢いで体を使って18Rフルにプレーできても、50台に突入した体は、なかなか答えてくれません。

特に腕に筋肉がついていると、意識して腕を振らなければヘッドスピードが上がらなくなって来ているわけです。

しかし、逆に言うとしっかり腕を正しいプレーンに乗せていけばまだまだ飛距離もいけると気づきました。

去年くらいから取り組んで、平均飛距離が30ヤード以上伸びた気がします。

問題はそのスイングプレーン。
今まで教わったりしていたものとは違うことに気づきました。

プロは小さい頃かやっていて、それが身に付いているので知らないんでしょうね。

私もトロンボーンはすぐに音が出たので、最初のころ初心者を教えるのが苦手でした。今は解るようになってますけど。

このスイングプレーンが解るとアプローチも正確性が増します。
なので、コース戦略だけに集中できます。

もともとパターは得意なので。

機会があったら、プレーンのことについて詳しく書きたいと思います。
posted by macky at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップしました

新しい編曲をアップしました。
Tスクエア2曲です。
以前から問い合わせの多かった
Forgotten saga
それと、サックスデュオの
Temps 10p.m.
です。
その他には、マーチング用に
花は咲く
中高生バンドが無理なく演奏できるよう
仕上げました。

どうぞ、ご利用ください。
posted by macky at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

桜の季節

先日はとある送別会。4時間エンドレスでした。昨日は、トロンボーンの生徒さんのお子さんが神戸のエリート校に見事合格したので、ちょっとしたお祝いを。ちなみにF中で後輩です(= ̄▽ ̄=)V 。入学時には高1の課程を終えてなくてはならないそうです。でも、彼はその先に壮大な夢を持っているらしく、きっとクリアしてくでしょう。そして夢を是非実現してほしいと思います。

そんな中で、学生時代のことを思い出し、高校時代たまたま地理の代理授業で来られた杉尾先生のお話を思い出して、彼のことを話したら、トランペットの生徒さんが「私の親戚です」と仰った。いやいや世間は狭いものです。

先生は受験を控えた私達に「受験戦争とかいってるが、実際に戦争で死ぬわけじゃないし、兵役があるわけでもない。むしろ若い時にそれくらいのことをやっておかなければ人生を全うすることできない」と持論を熱く語った思い出。。

彼とは縁があって、その後警察拝命前の1年間農業高校で臨時教員として採用されたとき、配属された図書館の管理でご一緒させていただいて、それはそれはお世話になったのでした。

そんな話をしていたら、前出のトロンボーンの生徒さんが、「私も高校時代習った記憶があります」と、やっぱりインパクトの強い先生って記憶に残っていて、それが生きていく上で何かの助けになっているんだとつくづく思った次第です。

今日は奥さんと一緒に、ヤマハの新製品refaceをリサーチに鹿児島へ行った後、甥の大学卒業と就職祝いを兼ねて家族で食事会。

桜の花も産いて、そういう季節を久しぶりに肌で感じています。
posted by macky at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

更年期

50歳を過ぎると、一気に気力や体力に陰りが出てきますね。

それを補うために、いろいろサプリとか試してみてるんですが、なかなかコレ!というものが
ありませんでした。

しじみ、セサミン、ユーグレナ、、、どれもストライクじゃなかった。

でもやっと見つけました。DHAとEPAです。
いろんなレビューを見ていい感じがしたので試してみたら結構頑張れそう。

DHC EPA 20日分 60粒 -
DHC EPA 20日分 60粒 - DHC 60日DHA 240粒(121.2g) -
DHC 60日DHA 240粒(121.2g) -
価格もお手ごろだし、手軽にはじめられたのも良かった。
試して2ヶ月ほどになりますが、その日の最後の頑張りがききます。

とあるCMで「やる気スイッチ」というのがありますが、スイッチ入れてもエネルギー源が枯渇してたら
話にならないけど、DHAとEPAはその役割を果たしてくれていそうです。
ヘルニアや頭痛にも効いたというレビューもあり、発達障害の方も愛飲してるらしいので、自分にはあって
いるんだろうなと思います。

気になる方はぜひ試してみてくださいね。
posted by macky at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

期待

久しぶりに加瀬選手の名前がゴルフページに載ってました。

自分がゴルフを始めた頃デビューした大型選手。川岸選手とともに期待された一人。
シニアで復活です。

最近ではプレーよりもバリトンボイスの名解説でお馴染みで、今週の松山が好調なのも彼の助言があったからだとか。

ただ、自分としては、やっぱりその体格から繰り出される力強いプレーでの活躍を見たい。
同世代のゴルフファンにも、そういう方は結構いるんじゃないかと思います。
その彼がシニアというステージのメジャーで活躍してるのを見てうれしく思った次第。

で、好調の原因。彼曰く「最近の解説する機会が増えて他のプロのプレーを客観的に見るようになり、それが自分のプレーにもフィードバックできている」とのこと。
確かに、自分も人に楽器を教えていて、またはコンクールの審査などで、それが客観性を生み、自分の演奏にフィードバックすることで技術的な安定性を得るようになった気がします。だから安心して音楽のことを考えることができる。そういう経験が他人事ではないような親近感を感じるのだろうと思います。

一番活躍が期待されていた年代で、それができなかった悔しさもあると思いますが、そこから逃げずにやってきた結果、今の活躍があるのだろうと思います。
そういう彼の姿は、自分にとっても、とても元気を貰った気がしっます。
ぜひ、このまま優勝して欲しいですね。
posted by macky at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

新しい兵器

放置していると言っていいくらいご無沙汰のブログです。
それでも来て下さる方々に感謝なのです。
日々の小言や動静はtwitterやフェイスブックに載せていますので、そちらを御覧ください。

で、今日はゴルフのお話です。
前回、やっと新ウェポンが決まったお話を載せたと思います。
先日、その実践テストを行ってきました。

場所は宮崎パブリックゴルフ。
自分の中では青島パブリックなんですけど、名称変わったらしいです。

ここは格安ですし、こういったテストマッチには良い環境です。
狭いフェアウエイと、ドロー泣かせの左下がり傾斜。
最近はグリーン周りの芝をカットしなくなったので(ただ手を抜いてるだけかもしれないけど)
、前から転がせば寄っていたアプローチもできなくなり、難しくなりました。

さて、義理の兄貴を誘って18H回った訳ですが、結果はまずまず。
むしろ課題はバック9での集中力。ここ何回か遡って、まず後半崩れることが多いです。
だから、アイアンセットフルチェンジしたのだけど、それだけが問題でないことが露呈しました。

とはいえ、グリーンをラフから捉える確立は格段に上がり、キャビティの本領発揮といったところ。
プロギア(三浦技研)の性能の高さを実感しました。

そんな中、予想以上に威力を発揮したのが、ロングアイアン。
セットに3番がなかったので、オークションなどで探していたところ、プロギアの中空アイアン3&4番が格安で出品されているのを発見。型番からジャンボが契約していた頃のものでソールにタングステンを埋め込んだ2重構造とわかりました。

練習場では3番のあたりがイマイチだったので不安だったんですが、コースでは予想以上に威力を発揮。
長年愛用している18度のハイブリッドもいらないのではないかと言うくらいの飛びと安定性。

これで、バックティから回る楽しみが増えました。
200ヤード以上のパー3とか距離のないパー4で威力を発揮しそうです。

後はクオリティを18ホール続けられるかが80切りの鍵になりそうです。
アイアンも以前のもののように精度を上げるのには少し時間がかかるだろうし。

そういう意味で最近始めた練習はハーフチョイスで練習すること。
マーク金井さんとかラウンド練習でよくされているみたいですけど、自分も練習場に行くとき、奇数または偶数の番手とウエッジ1本+ドライバーといった感じで、先日の誕生日で買ってもらったセルフスタンドバッグに入れて行きます。

というのも、ここ半年のコースでのミスで明らかなのが、セカンド地点や100ヤード以内のクラブ選択ミス。

最初の頃は、その場に適したクラブを持っていないのを原因と考えていました。
でも、それだけでは解決しないような気がして、一つのクラブでのショットのバリエーションのなさも原因だと思うようになったのです。

若い頃はそれこそ、ドローやフェードの打ち分けもやっていましたが、ここ10年はシンプルに攻めることを重点にやってショットの精度を上げることを狙ってきました。結果としてスコアがついてくればよいと。

ただ、良いコース、難しいコースはそれだけでは攻略できないと実感。
クラブの選択を間違えないこともだけど、ショットのバリエーションがないと良いスコアが望めないのです。
当たり前の話だけど、それを以前にも増して実感したわけです。

まあ、それはこれまでの良いショットだけを追求していた楽しみ方から、より良いスコアで上がる楽しみ方にシフトしたからなんですけど。

そういう意味では、限られたクラブで距離や方向性の精度を確認する練習は必然だと思います。
そうすることで同じ距離でも高く攻める、低く攻める、キャリーで攻める、ランで攻めるといったバリエーションが出てくるのだろうと。コース戦略の楽しみの幅が増してくるような気がします。





posted by macky at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

コンクール

先日、とあるコンクールの予選があり審査してきました。

毎年、子供から大人までチャレンジできるこのコンクールは、受験者の将来性を摘み取らないような仕組みになっていて、そういう意味でもとても意義のあるコンクールだと思います。

だからといって、本選で選ばれた人には、きちんと活躍の場がもうけられており、審査員の方々もそうそうたるメンバーだったりするので、このコンクールのお手伝いができることはとても嬉しいですね。

毎年、若い子が、チャレンジしてますが、いつもキーワードみたいなものを感じるので、これからチャレンジする人達の参考になればと思います。

まず、ソロなど演奏し、ましてやコンクールに参加するということは、何かしら音楽という分野でクリエイターとしてやっていく気持ちの現れだと思うので、そういう行動をとった自分に自信を持って欲しいということです。

このことは、10代のころ、三輪先生に随分厳しく教わりました。それが、音楽家として礎になっていると今更ながら思っています。

ここが崩れると、その表現手段が何であれ、またその結果がどうであれ、その先は到底見えてこないということです。

三浦先生からもよく言われました。
「今君は何をしているの、ここはどこ?」

萩谷先生からも、今その場で思っていることをしっかり言えるようでなければならないと。

いずれも同じ意味のお言葉です。
その頃は気付きませんけどね、

子供達に教えるようになって、同じようなことを伝えていて、初めて気づく、みたいな。

本当に感謝です。

だから、決して嫌みじゃなくて、励ましの言葉として受け取ってもらいたいと思うのです。

表現者として、人になにかを与えなくてはならないのですから、それなりの覚悟がいるとういことになるんだと思います。

それはジャンルに関係なく、つまり音楽だけにとどまらないと思います。

君は、今どこにいるのか。今何をしようとしているのか。

はっきりわかれば、じゃあそのために何をしなければならないのか、という具体的な行動に移れるわけです。

次回は、(といってもいつになるか 笑)コンクールで感じる、受験者のトラップについて書いてみます。
posted by macky at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ソロのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

ついに

というかやっとというか。

欲しかったゴルフクラブを譲ってもらえることになり、10数年ぶりにアイアンセットを変えました。

名器、PRGRのDATA601です。
かの三浦技研がOEMで手掛けた逸品で、シャフトは、\これまた一世を風靡したプレシジョンのライフルです。

以前、ダイナパワーを使っていたときにこのシャフトが刺さっていたのですが、6・5と固く30代の私でもてこずっていたのですが、今回は5・5なので、撓りを感じてとてもいい感じです。と言うか、もっと早くこのシャフトにしておけばよかった。

いつか、PP737もリシャフトしたいと思うくらい超ストライクでした。

601の打感は芯を外したときがステンレスのようなカシュッとした感じがあり、キャビティの見た目よりも難しい印象。。

ただ、DGのシャフトを使い続けてきたことからくるタイミングのずれとか、総合的なものがあったと思います。

慣れてくると、打感も良くスイートエリアも結構広い。アゲインストでも距離が落ちることもなく、そういう意味では、シビアな737よりもストレスが溜まりません。

なので、フェードやドローを打ち分けてみようかなどと色気も出てくるし、実際全ての番手で球筋をコントロールできるので練習が楽しいのです。

おかげで、他のウッド系もスイングにゆとりが出てきて、コース戦略に専念できそうです。

ただ残念なのは3番アイアンを手にいれることができなかったこと。年齢的なことを考えると必要ないのかもしれないんですが、少し悔やまれます。

でも今は、3番の代役はハイブリッドにしようか、アイアンにようかと新しい悩みを楽しんでいるところです。

次回のラウンドも楽しみ!!
posted by macky at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする