ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2014年12月12日

ここでは

クラシックというと、語弊を生むのですが、所謂管弦楽の中でのトロンボーンについて、というかトロンボーン目線の管弦楽について書いていこうと思います。

私自身、トロンボーンの最初のスタートが管弦楽だったので、逆に吹奏楽というカテゴリーにはあまり魅力を感じていませんでした。今でも、吹奏楽の曲は知らない方だと思います。

管弦楽の魅力って何かというと、音楽を通して、西洋の歴史を学ぶ魅力に尽きると思います。

技術的には、トロンボーンの場合、ハーモニー楽器としての役割が多い分、和声を考えるようになります。これはオーケストレーションを知る上でも武器になります。

先日、キューバ出身でトランペット奏者のルイスが、とある吹奏楽部定期演奏会の打ち上げで「どうしてトロンボーン奏者は編曲や作曲する人間が多いんだ?」と言っていましたが、そういった環境が、そうさせているのだと思います。

話がずれましたが、もうひとつ吹奏楽と決定的に違うのは、弦楽器が主力で、彼らは文字通り息を使わずに音を発します。

多分、吹奏楽出身の人が管弦楽で最初に突き当たる壁が、この発音方法による音質だと思います。

それによって生まれるダイナミクスでの音程のずれを理解できずにサウンドが噛み合わないということになります。

ドイツのマイスターは、本人達が認識しているかどうかは知りませんが、そういったことを踏まえてトロンボーン作りをやっているのだと、ドイツ楽器を吹いて感じたことがあります。

だからドイツ楽器でなくてはダメ。というのではなく、弦楽器の特性を踏まえた技術が必要だということです。

レッスンでは、技術的なことを具体的に教えています。
【関連する記事】
posted by macky at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

最初は

楽器でソロを吹くのは、メロディ楽器の場合とハーモニー楽器の場合で環境がかなり違ってきます。

たとえば、フルートやバイオリン、トランペットは最初からソロを前提で練習が始まりますが、トロンボーンやチューバは音作りが主体になります。

そして、ソロと言えば合奏曲の中で出てくる場合がほとんどなので、ハーモニー楽器はぶっつけ本番みたいになって大変な緊張を生むのです。

吹奏楽の場合、その構成からソロが各パートに割り当てられる確率は高いのですが、管弦楽になると、曲の難易度が高くならないとハーモニー楽器にソロが来ることはなくなります。

そうなると、ハードルも高くなります。
ですから、普段から以前にも書いた通り人前で吹くことを楽器にかかわらず、積極的にやることが大切です。

まずは簡単なソロからで構いません。
そしてオーディエンスとの距離を確認します。

場馴れができると、音の聞こえ方も違ってくるはずです。
posted by macky at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ソロのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

伴奏

伴奏なしで歌ったり演奏したりすることがない訳じゃないですが、ソロの場合は伴奏がつきものです。

伴奏者で優劣が決まる場合もあります。
なので、できればソロ楽器の特性を理解している人に伴奏を依頼するのが望ましいですね。

ピアノはバイオリン等の弦楽器を同じでブレスする必要がないので、その間を感じない人が結構いらっしゃいます。

ですから、伴奏できるピアニストを探すのは結構難しいということになります。伴奏に定評があるピアニストは引っ張りだこということになりますね。

あと、ピアノの反響板を全開にしても煩くならない弾き方のできる人が望ましいですね。たぶん、そういう弾き方のできる人って反響板を半開きにしても良い演奏するんでしょうが、ピアニッシモをうまく演奏できる人じゃないと、伴奏は勤まりません。

私の場合は家内が唯一無二の伴奏者なので、とても助かっています。
彼女は、了悟君とコンクールで数々の賞を
いただいてますし、ビル・ワトラスとのセッションでも高い評価をいただいています。

彼女もイオン宮崎のアイカルチャーセンターでキーボードを教えています。
posted by macky at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ソロのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

コンクール

吹奏楽といえば、コンクール。ですね。

以前にも書きましたが、私自身コンクールを本格的に経験したのは大学だけです。

中学校、高校と部活動に吹奏楽というサークルがなく、3年生の部に昇格した時のみ経験していまして、賞を云々する状態ではありませんでした。

なので、所謂コンクールーバンドの存在も知りませんでしたし、興味もありませんでした。

だから、大学時代はとても貴重な経験をしたと思っています。その経験をもとに、この約30年間、コンクールで良い成績をとりたいと依頼のあった学校やバンドに、指導をしてきました。

コンクールの場合、審査競技なので当然規準があり、その規準を満たしてはじめて賞の対象となります。

したがって、どんなに良い音楽解釈があっても、その規準をクリアしないと賞には届きません。

まあ、なかにはその規準が解っていないで審査されている先生方もいまだに見受けられるのですが。

実際、その規準に向けた練習をきちんとしてきたバンドは、良い結果を得ています。
中学生くらいまでだと、それを徹底したら全国大会へいく可能性がかなり高くなります。

しかし、高校や大学、一般(成人)の部で全国大会となると、プラスアルファが必要になってきます。

そして、それを実現するには、時間と費用がかかってきます。なので、経験がないとなかなかそれを理解し、実践することは困難です。

30年近く経ちますが、宮崎大学が全国大会へ抜けたことがありました。当時の彼らは優秀だったし、条件が満たされたから全国大会への切符を手に入れたんだと思います。

コンクールに良い印象のない方も少なくないと思いますが、所謂規準を満たすことは、バンドとしても個人としても、その演奏力の優秀さを示すものに間違いはありません。

だから、全国大会などで金賞をとったとしても、そこで完成ではなく、そこから先があると思ってほしいですね。

そして、そこから先があるから、私達は、楽器や歌の技術を磨き、音楽を高める為の努力を惜しんではいけないのだと思います。
posted by macky at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

寝れないわけじゃないけど

実は一週間のなかで、一番時間に余裕があるんです。土曜はレッスンが定期的に入ってくるし、日曜はいろんな意味で休養していて、結局この時間からいろいろやってみたくなるんですよね〜。

まあ、それでも3時半くらいには寝ないと次の日に影響が出てくるので、それまでには終わらせることにしているんです。

今、スマホで書き込んでいますが、本当に静かに作業ができるのが良いですね、。

ノートPCだとこうはいかないな。

CPUを冷やすためのファンが回る音って結構煩いんですよねぇ〜。
タワー型なんかよっぽどの時しか使わなくなりました。

編曲作業の時とかは欠かせないんですけどね。

毎日一曲、日記代わりに書くようになって3日目。順調に書いてます。メロ譜で20から30小節くらいです。これが結構楽しい。

コード無視、小節にもこだわらない。だからといって現代音楽とかじゃない、みたいな。その日の気分や思い、出来事を音にするっていう作業は結構楽しい。

ついこの間までは、知っている曲、好きな曲がその日のテーマのように頭の中で回っていたんですが、最近は自分のメロディがずうっと頭の中で流れてきて、じゃあその日その日浮かんだ曲を残そうかなって思ったわけです。

多分、人様に聞かせる機会はないと思うんですけどね。あの頃どんな音やビートを感じていたのかなって振り返れるとそれはそれで楽しみになるんじゃないかと思います。
posted by macky at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これだけ書いても

よく知人から言われるのは「あそこまで書けるということはまだ引出しがあるってこと?」と言われます。

べつに隠すことではないし、それによって何かしら上達へのきっかけを掴んでくれればそれで構わないと思っているからで、ただ、それでも結果は違ってくるし、それは体得して初めてなせるものなので、それなりに時間がかかるのを知っていますし、この時間の障壁はなかなか超えられないのも理解しているので、ここに書くことができます。

レッスンでも、初心者でも上級者に対しても対応は同じです。

何を知りたいかに合わせて、ご本人に欠けているものを伝えています。時には繰り返し繰り返し言うこともあります。でも、そうやって乗り越えたことをお互いに実感すると、次が楽しくなるんですよね。

ですから、「これ読んだけど、今一つピンと来ない」という方は、体験レッスンにでもいらしてくれれば、お手伝いできると思います。
posted by macky at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

重要性

アンサンブルは合奏レベルをあげるのにか欠かせません。

各セクションのアンサンブルができていれば、合奏で問題になっているほとんどのことが解決します。

つまりアンサンブルができていないのに、合奏に踏み切って、結果練習にとても時間がかかってしまうのです。本当は、音楽についてもっと踏み込みたいのに、音程やリズム、アインザッツの練習は苦痛でしかありません。

ただ、時間がない場合は、合奏で補うしかないのが現状だと思います。

アンサンブルでなにが特徴的かというと、「指揮者がいない」点につきます。

つまり、パートリーダー等の演奏に集中して音を合わせる訳です。音程、フレーズ、リズム。下級生は上級生を、初級者は上級者を、生徒は先生を真似ることによって、「合わせる」癖をつけます。

ですから、良いバンドはパート練習などでの練習内容が非常に濃いのです。

大学時代のパートの基礎練習は実に4時間ありました。そこからパートの曲練。そして、日によってセクレンや合奏といった具合です。なので、個人練習は、その前か後にすることになります。

良い練習を効率よくやるには、各セクションにトレーナーが必要です。合唱だとボイストレーナーがいるのと同じです。

奏者やセクションによって問題点がことなるので、どうしても直接指導が必要になってきます。

それを、パートやセクションに持ち帰り、アンサンブルの練習をするのが、ベストです。

ちょっとしたアドバイスで見違えるほど音が変わります。きっとお力になれると思います。
posted by macky at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アンサンブルのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まずは

とにかく人前で一人で吹いてみよう。

できれば楽譜を覚えた状態で。
そうすると、楽譜とニラメッコしていた自分から解放され、自分に注目しているオーディエンスの気持ちがひしひしとつたわってきます。

感受性の強い人は、オーディエンスが良いかどうかを判断できます。そしてそれがそのまま演奏に反映されます。

だから度胸試しで演奏するのではなく、自分の音楽を聞いてもらうために演奏する勇気が必要になってきます。

ハーゼスはインタビューのなかで「緊張するのは向いていない証拠。他の職を考えた方がいい」と仰っていましたが、そうとも言い切れません。

人前で話ができるようになるのと一緒で、音楽も緊張の中で思った演奏をすることができるようになります。それは人前で演奏をする練習をすることです。

人前でカンペを見ることなく話せるようになるには訓練が練習が必要なのと一緒です。

まずは、楽器を持って人前で吹いてみましょう!!
posted by macky at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソロのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

チューニング

吹奏楽でチューニングといえば、携帯用のオートチューナーとハーモニーディレクターが思い浮かびます。

しかし、オーケストラで使う人はまずいません。

合奏で使うこと事態NGです。

ではいつ使うのか。

それは個人練習やパート練習の時に使います。

しかしそれも、楽器のつぼであるセンターを捕らえずにチューナーの針ばかり見て、安心しているととんでもない方向へ行ってしまいます。

まずはきちんとした音作り、そしてその音を保つためのロングトーン。
それができるようになったうえでチューナーを使いいろんなダイナミクスでチェックするのが望ましいですね。

たとえばクレッシェンド前と終えた後では、ほとんどの人が音程が上がっています。

そうならないような練習をすべきなのです。

弦楽器は特性があるので、それに会わせて管楽器を演奏すべきで、それができていないと、音程がバラバラになってしまいます。

特に低音楽器は気を付ける必要があります。低音セクションで音程が保てていないと、高音楽器はすぐにへばってしまいます。

これは吹奏楽でも言えることで、この辺を丁寧にチェックしていかないと、バンド全体の良いサウンドを得られることはできません。

でもこれをやらないんです。というかできていない。実際、結果がでるのに半年はかかります。

これは、附属中学校や公立大で得た結果です。学習能力の高い彼らでさえそのくらいかかるのです。しかも、それは常にチェックしていかないと、あっという間に壊れていきます。

ただ、一度コツを掴むととても早いし、下地ができているので、曲の完成も早い。
プロが沢山の曲を演奏できるのは、この下地がしっかりできてるからなのです。

ですから、学校の部活などでは新体制になってからできるだけはやく、この下地づくりに取り組まなくてはなりません。
posted by macky at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

Bluetooth

blogを頻繁に更新するに当たって、以前使用していたBluetoothのキーボードを引っ張り出しました。

エレコム社のTK-FBP013BKという小型の機種です。

折り畳み式ってあまり信用できないし、ノートブックでA5版を愛用していたこともあって小さいキーボードには慣れていたのでこれにしたわけです。

スマホはモトローラ社の第2世代なので、接続に少し苦労しましたが、何とか接続に成功。

これでPCを開くことなく、手軽に記事をアップできそうです。

こういうのって、いつまた使い始めるかわからないので、大事にとっておいて良かったと思いました。

まあ、駄文が増えることは間違いないです 笑。
posted by macky at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。