ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2018年01月17日

無料と有料

あるブロガーさんの記事を読みました。

そう

お金払わないと真剣にやんないだよね〜


おんなじこと教えてあげてても


身につかない


だから無料公開しても伝わらないんですよ


ほんと


実感がなければね


だから


体験してください♪


※ワンポイント、ワンコインレッスンいつでもお待ちしてます♪
posted by mackie at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

おはようございます♪

寒さも峠を越え、これから少しずつ春へ近付いていく。
そんな感じです。

受験シーズンでもあります

進学校出身者は皆、経験してきたことなので目標に向かって是非頑張ってほしいですね♪

今年はいろいろ目標があるのですが、さらに一つ増やしました

それは



ハイトーンプレイヤー



といっても、トロンボーンじゃないです 笑。トロンボーンではすでにトリプルまで出るので♪


まわりにハイトーンプレイヤーがいなさすぎ


じゃあ


自分がやってみるか、って感じ


できれば、夏までに吹けるようになろうかと


またここでご紹介できればと思います



それでは、今日もよい一日を♪
posted by mackie at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

過去の記事

こんばんわ〜♪

ちょっと忙しくて更新できてません



いろいろ楽器の上達に関すること書いてますが




過去の記事も見て欲しい





のです



結構、レアなことかいてますから♪


わからないことは右側のフォームか直接連絡ください



最近、あんまり寒くて唇カッサカサ


寒い日は唇のケアに注意したいですね〜♪


※ワンコイン、ワンポイント、1Dayレッスンいつもでも連絡待ってます♪
posted by mackie at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

意外とやっていないこと

おはようございます♪

この冬一番の寒さになりました!!
雪降ってないの宮崎市内くらいじゃない?

それでも橋の上とか凍ってる可能性があるので、自転車、バイク、車、そして歩行者の方も気をつけてくださいね〜


さて


管楽器奏者、特に金管楽器奏者が意外とやってないこと

それは





筋トレ





トロンボーンで2kgから3kg、この重さ。あまり実感しませんよね。
スーパーで売っているお米を持ってみるといいと思います。


結構重い


なので、楽器を持ち続けると身体にゆとりがなくなります。
自分の知る限り、トッププロの方は筋トレやってます。


逆に言うと、小学生を指導している先生方が注意しなければいけないのは、


楽器の重さを考慮した練習


練習に熱中するあまり、演奏のパフォーマンスが落ちていく原因がその辺にあったりします。
ただ、負荷をかけないと成長しないので、バランスを注意深くとって欲しいものです。

現在小学校3年生の子を診ていますが、日に日に成長し楽器を持つのに余裕が生まれました。
もちろん持ち方をきちんと診続けてあげないと、本人の心が折れます。

話が逸れましたが、



楽器を持つ余裕=演奏する余裕



に繋がるので


筋トレで体力をつけましょう



今日もよい一日を♪


※ワンポイント、ワンコインレッスン、1Dayレッスン、いつでもお待ちしてます♪
posted by mackie at 08:14| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

やっぱりロングトーン

また寒さが一段と厳しくなりましたね〜♪

さて初心者だけでなく、管楽器奏者皆さんにあてはまる大事な練習

ロングトーン

○ブレスコントロール
○アンブシュア
○楽器の持ち方
○姿勢


といった基本中の基本をロングトーンをとおして充実させる、またはチェックすることが出来ます。



ロングトーンがきつかったり、つまらなかったりするのは、

基本が出来ていない

と思ってください


良い音

や、その先にある

良い音楽

を目指したいのなら、まずは

ロングトーン

でも、やっぱりつまらないかも

そんな人のために、より効果的なロングトーンの練習があります♪


※ワンポイント、ワンコインレッスンどうぞご利用ください♪



posted by mackie at 10:52| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

楽譜の読み方

これはクラシックに限らず言えること

前回、いい音楽をとおしてスコアなどの楽譜を眺める

ことが大事だと書きましたが、

インプットをさらに加速させるには


採譜


そして


耳コピー


私は中学校の頃からやってました

あのころはカセットテープで録ってたから大変でした〜
メーカーさんでテープ速度が違うの知らなかったし
FMや短波が音源だったりするので、


音質最悪


でも、幼い頃から真空管のモジュラーステレオ(多分コロンビア)でクラシックやジャズ、映画音楽のスタンダードを聴いていたのが良かったんでしょうね。

真空管最強です♪

10代ならまだ間に合うので、(実際私が覚醒したのは大学時代なので)今のうちにインプットとアウトプットを楽しみながらやってくださいね〜♪

※ワンコイン、ワンポイント、1Dayレッスン、いつでもお待ちしてます♪
posted by mackie at 11:02| Comment(0) | 音楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

最近

スマホからの投稿が多い


なので


ちょっと味気ないかも


さて


ニュー楽器の近況


先日の懇親会で萩谷先生がG管を使用していると聞いて、いろいろシミュレーションしたんですが、



やっぱりAb管の方がいいんじゃね?



みたいな



テナーの響きってやっぱり最高だし、スライドワークの機動性が上がると



演奏の楽しさ倍増!!



アタッチメントを選べる時代が来るといいですね〜♪
posted by mackie at 22:18| Comment(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽譜の読み方

スコアを読むにあたって最初にやること

普段からスコアを眺める

有名どころのオケを良質のオーディオで聴きながら

そうすると


どの作曲家がどんなイメージで書いているかを感じることが出来ます


そうすると各記号の表現も感じることができるようになります


できれば、そういう表現のできる音楽家と一緒に演奏できると、それを体現できるようになります


だから


誰に習ったかが大事になってきます


どれだけ生の音を現場で聴いているかも影響してきます


でも

殆どの人は体験できませんよね

なので、最初に戻りますが


音源をとおしてその表現をインプットすること


そうれを繰り返しているうちに、たとえば


「幻想」の2楽章はショルティのシカゴよりミンシュのパリの方が好きだ


なんて話が出来るようになってきます

でもハーゼスのソロは捨てがたい

とかね


それが楽譜を読む上でのエッセンスになっていくのです♪


今日もよい一日を♪
posted by mackie at 08:30| Comment(0) | クラシックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

ハイトーンが出ない理由

単純に言うと


必要なアンブシュアが


できていないんです⤴


でも何故アンブシュアができないかというと



姿 勢


楽器の持ち方





よくないのです‼



あぁ〜


言っちゃった( ̄▽ ̄)



頑張って♪
posted by mackie at 20:49| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとスピリチュアルな

最近、本当に気が動いてます。


パワースポットに気がない?


そう思っていたら、スピリチュアルな人のblogであちこち同じようなことを書いてる人が。。。


でも気がなくなっているわけではなくて


結構人をとおして感じるんですよ


なので


神社も新しく建て替えたところとかに


気が宿っているんです


不思議〜♪



いったい何が起こってるんだろう



でも悪いことではなさそうなので


ちょっと期待してます(ワクワク)


きっと皆さんにもいいことがあるはず♪
posted by mackie at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事