ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2018年01月30日

今さらだけど

楽器の手入れって大事ですね〜

スライドが知らず知らず動かなくなってたり


スライドワーク下手になったなぁ、なんて思っていたら


実は


スライドの調子が悪くなっていた


みたいな

信頼できるリペアさんに定期的にお願いするのがいいですね〜

スライドクリームも

もうこれで大丈夫と思っていたら、もっといい方法があった

なんてことが最近ありましたから

やっぱり、情報収集というか

自分に合うベストな方法を少しでも知ることはとても大事なことだと思います

今日もよい一日を♪




posted by mackie at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

ついに

大人の生徒さん、現職を退官されて始めた

トランペットで


ハイBbを出せるようになりました


3年かかりましたが、月2回のレッスンでは素晴らしいペースだと思います。


ご本人曰く


「楽にソ(実音F)の音まで出せるようになったので、やりたい曲が吹ける楽しみが増えました」


というわけで、教本代わりに曲集を少しずつ練習していこうと思います。


金管楽器の上達は一日にして成らず


今日もよい一日を♪
posted by mackie at 08:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

マウスピースの選び方A

おはようございます♪

寒い日が続いてますね〜
インフルエンザも大流行みたいで

今年は今のところ風邪らしい風も引かずに健康でいられてます。
毎日、乳酸菌取るようにしたのがいいのかなぁ


さて、マウスピースの選び方について

今回は練習用マウスピースについて


金管楽器の場合は、その技術的問題というか課題は音域です。


だけど、


アンブシュアが筋肉なので育つのに時間がかかります。
これは個人差があって、骨格や筋肉の質ですぐに吹ける方もいます。


それでもハイトーンを吹くには、ある程度の練習時間を要します。
その練習方法として


専用マウスピースを利用する


ことをオススメします♪

選び方は


自分のフィーリングに合ったもの


を選ぶこと



一般的には

カップが小さく、浅いものが高い音が出やすい

と言われてますが

個人差は半端ないですから、


カップ大きめでも深めでも出安いものを選んでください


あと、リムが丸めのものがオススメです。


後は限界の高音域に向かってリップスラーあるのみ!!


できれば、部活の練習後など、演奏して疲れきったところで行うのがベストです。

でもあくまでも


自己責任で


お願いします♪


今日もよい一日を♪





posted by mackie at 08:59| Comment(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

マウスピースの選び方@

ここからは自己責任で♪

マウスピース

多いときは100本くらい持ってました。

自分で購入したものもあるし、譲ってもらったものもあります。

でも最近は自分の使用するものは、ここ10年変わってません。
細管2本と太管2本。

細管は、ジャズやアルトで使用する11cと中細用の6HA(いずれも30年以上前のBACH製)
太管は、ドイツ系のものとアメリカ系のもの

で、ここに至るまでの経緯はいろいろあって、それは別の機会に書きます。


マウスピースというのは、金管楽器の操作を自由にするための重要なもの


なので


自分にとって


○口当たりのいいもの
○エアーの入りやすいもの
○タンギングが楽にできもの



を基本に選びます。


その上で

本番用と練習用

に分けます。


なぜかと言うと、


本番と練習では精神状態が違うから


もちろんん、メンタルがタフで「関係ないよ」という方もいらっしゃいます。


あくまでも、私の経験からですが、ゴルフなどでも同じ。パターは好き嫌いじゃなくて、入るかはいらないかで選んでます。

なので

好きなデザインで練習でも問題ない


けど


コースでは入らない

ってことが起こるのです。


マウスピースは唇と接するところなので、とてもデリケート。


本番用


をしっかり選ぶことが大事ですね。


今日はこの辺で


次は練習用について書きます。


今日もよい一日を♪



posted by mackie at 08:06| Comment(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

楽器が上手くなるために毎日やっておくべきこと

練習

これ当たり前


意外とやってないこと





インプット





いい音
いい音楽

まずはYoutubeでもいいですよ

でも、気になった演奏が見つかって活躍中だったら、


その人の生の音を聴くこと


あと、


名演と言われるものは必ず聞くこと


できるインプットをできる範囲でかまわないので、やってみてくださいね♪
posted by mackie at 10:24| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

ハイトーンが吹けるということは

ロートーンも出るということ



コントローラブルになるということ



楽器を自由に扱える手段がひとつ手に入るということ



音楽を自由に奏でられる一歩






posted by mackie at 22:57| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

いい音って

楽器を習いに来る学生がよく口にする


いい音


って何なんでしょうね


これまで、いい音だ!って感じたのは20年前のベッケ

まさに衝撃でした

あと、10数年前にトロンボーンフェスティバルで始めてあった東川さん
トロンボーン以外だと当時シエナ(現在佼成)の本間さん


クラシックのソロが必ずしもオケではNGだったりするので(特に日本の場合)、

いい音

がどうあるべきかというと、曲に合わせて変えられるのが今の時代、求められてるのかも。

なので、フレキシブルなヤマハやクルトワが人気あるのかもしれないですね。

楽器の素材で大きく音が変わるので、



求めているジャンルにあった楽器を選ぶこと



も大事



それとは別に


発音、イントネーション


が音の良し悪しを左右します。


なので、基礎錬の段階で注意深く練習することが大事


今日もよい一日を♪
posted by mackie at 08:30| Comment(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

おはようございます♪

って、もうすぐお昼ですが


昨日は久しぶりに午前さま


なので、奥さんの機嫌が悪い。。。。。


まあ、自業自得なんですが

夜しかあえない知人がいるので久しぶりに街にでると、つい会いに行ってしまうのですよ。

30代のころは週に3回は行っていた夜の街も

今では年に1回?

というくらいなのです

でも久しぶりの夜の街は結構活気がありました


明日からまたがんばろう!!


って思えた


というわけで、

今日もよい一日を♪

posted by mackie at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

20年以上前の

最近、youtubeではまってます♪



やっぱりアメリカは凄い

と思ってしまう瞬間

こういうのを大學時代にできていたのは幸せだったかも

西村先輩に感謝です♪
posted by mackie at 12:17| Comment(0) | マーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掲示板

おはようございます♪

穏やかな日が続いてます


ということは、北部の方は雪崩とか気をつけてくださいね〜♪



最近フェイスブックでサークルに2つほど加入しました。





結構おもしろい♪




mixiのときよりも





いろいろ為になるご発言を目にします






よかったら探してみてくださいね〜





※ワンポイント、ワンコインレッスンいつでもお待ちしてます♪
posted by mackie at 07:56| Comment(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事