ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2016年10月23日

決戦に備え

今回はゴルフのお話。

環境の変化で接待?ゴルフが激減し、ほとんど練習場もコースも行かなくなった私ですが、
パターとウェッジの練習は自宅出てきるので毎日欠かさずやってます。
あとスィングチェックも。

マッスルバックからキャビティに変えて1年。

ラウンドはほとんどしてないけど、80台でまわれてるのでまあまあかと。
やっぱり、キャビティだと5打いや、7打は違うと思う。

30代前半から始めたゴルフ。当然マッスルバック使ってました。
でも、キャビティが出始めて、直道選手のモデルが一世を風靡してプロの間でも浸透しました。
40代になってPP737に出会ってから10年、マッスルバックを使用していたわけですが、
やっぱりショットの切れ味と言うか、うまく打てたときのピンに絡む時のシンクロ感は代えがたいものがあります。

それでも、スィングを見直して飛距離が戻ってきたこの時期に、一度でいいから70台を出したいという
思いが募って、ついにPP737とお別れしてキャビティを手にしたわけです。

練習場で練習してもあまり変化もないのでラウンドしたいのですが、お金と時間がない 泣笑。
ただ、ここ2.3年間違いなく言えるのは100ヤード以内のショットの精度とパターなんです。

ここで、あと5打以上縮めて70台に向けて頑張りたいなと思ってます。
posted by macky at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

このところ

いろいろな方向性が見えてきて、やっと進み始めた感じです。

視点を変えたというか、立ち位置を確認したわけ。それで今後のテーマを決めたわけです。

もっとも大きな流れを変える気はなく、あくまで直近で今やれること、というかしたいことをするだけの話で、そんなに大袈裟な話ではないのです。

露堂々

なのです。

まあ、22年の特殊な世界での垢はなかなか抜けないし、別にそれはそれで構わないと思ってますが、状況を把握して自分の立ち位置を確認するのに5年かかったということですかね。

ただ、お陰でこれまでにない充実感はあります。

いろいろ気にかけくださる方々に感謝しています。
posted by macky at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

秋の発表会

毎年恒例の発表会、無事終了しました。

今回で多分だけど5回目の参加。
春の発表会と会わせると8回参加したことになります。

年に2回も大勢の方の前で演奏できることはとても幸せなことだと思ってます。

ここでやることは試験的なことが多いんだけど、今回のアプローチが一番しっくりいったのではないかなぁ。

その証拠にオーディエンスの反応もよく、演奏中からそれを実感できました。

トロンボーン吹いている人に聴いてもらうのも大事なんだけど、トロンボーン知らない人に聴いてもらうのが重要だと、このところずっと感じていて、最初は辛辣な場面もあったんだけど、それでもこうやって続けたことで、成果とまでは言えないけど少し光明がさしてきたという実感を得られたのは大きいかなと。

そういう意味では、これまで「トロンボーンで音楽をすること」にウエイトを置いていたのに対し、「やりたい音楽をするためにトロンボーンを使用すること」にウエイトを置くようにしたことで、自分の音楽におけるアイデンティティが伝わったのかなと思います。

今年の夏、福岡で起こった出来事が、本当に良かった。K先生に感謝です。

そうなると練習の質も変わってくるんですね。もうびっくり。今まで自分は何をやっていたんだと。

若いときみたいに沢山はできないけど、ここ数年では考えられないくらい時間さえあれば楽器もってあれこれやるようになりました。

同じ練習していても、考えてるポイントが違うから効率がいいというか、それがまた結果に繋がるのが嬉しいです。だから、練習が楽しくてしょうがないんですよ。

だから今一番大事なのは歯と健康管理。
ストレッチやウエイトをしっかりやってます。

お陰で、ドライバーの飛距離が延びてます!!。ここ10年くらいネットに当たらなくなっていたのに先日半年ぶりくらいに練習場に行ってドライバー振ったらあっさりネットに直撃!嬉しい副産物でした。

後は体重をさらに5キロ落としたい。

話がかなり逸れましたが、自分達の音楽の方向性が見えた発表会になりました。

そういえばトロンボーンを手にして今年で丸々40年。記念ライブやりたいなぁ。
posted by macky at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

きっと

リオ。

今回ほど見入ったオリンピックはなかったです。
日本が活躍してくれたこともあるんですけど、大会をとおして垣間見えたリオの実態や
ドーピング問題から見えるオリンピック事業の限界。

それでも一身に競技するオリンピアンの挑戦は、様々な問題や壁へ挑戦することは決して無駄ではない、
というメッセージだったと感じました。

もともとオリンピックってそういうものなんだろうけど、それを実現できる人もいれば実現できない人もいる。
それでも、目標を目指さなければ、その舞台に立つことさえできない。

銃を乱射して、刃物を持って切りつけほくそ笑み、ミサイルを発射して馬鹿騒ぎしているのとどっちが楽しいのか。

もちろん、オリンピックがウザいと思ってる方々が存在するのも事実。
まあ、人それぞれということになるんでしょうけどね。
どっちに未来があるのか、と言われたら、ほとんどの方が銃を持たない方を選ぶと思う。

そんな簡単なことを、できないでいることが残念で仕方ないですね。
でも、なんとかなるんじゃないかと、今回のオリンピアンの活躍を見てそう思いました。

若い人達のエネルギーってすごいなぁと。あぁ。20年前、30年前、自分もそうだったのかな。
と。思いつつ、触発されたっていうか、月並みですが元気をいただきました。

まだまだやりたいこと増殖してます。
posted by macky at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

福岡にて

久しぶりに奥さんと行ってきました。
先生は暖かく迎えてくださって楽しい夜でした。

新しい「気付き」を惜しげなく嫁さんに教えてくださいました。。
自分も刺激を受け、まだまだやることがたくさんあることを痛感しました。

そのすぐあとにセッション。
新しいことを受け入れたときって、一度自分が「ゼロ状態」になっているので、まったく
思ったようにできなかった。そうなるのわかっていたので、最初はお断りしていたんですが、
何度も誘われると、やらざるを得なくなって。でも、一番効くんですよね〜。

帰りは、震災の爪あと残る益城を通って帰りました。
まだまだです。

みなさん、熊本を応援しましょう!!!

自分のやるべきことが、いろいろハッキリ見えてきた気がします。
posted by macky at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

もう一度考える

やっと、宮崎という地方の条件下のなかで、もうこれ以上はないという生活環境を得て、最低限の生活基盤が整ったわけで、じゃあ、これからどうするかということを、今一度念押しし、考える。

音楽やってる以上、非日常な自分がいる。
だから、一般の方々の生活が見えるように、実感できるように。

ここ数年、音楽やってる方々の社会人としてぶっとんでる姿を見ると、なぜ音楽が世間から置き去りにされているのかを実感。そうなると、本当に狭いπの中でしか、やっていけなくなる。

もちろん、そこで台頭すれば所謂勝ち組になるんだろうけど、ひと度そのπから飛び出すと、その人はただの「変な人」なのである。

それじゃ、音楽が見捨てられるわけだ。

だから自分の立ち位置を、今一度念押し。
やるべきことに真摯に向き合おうと思う。

音楽のある場所へ。なければ作る。
それは音楽じゃないと批判ばかりしていても始まらない。

ここ数年の出来事は、何十年もやってきた音楽への関わり方や社会への関わり方を見直すとても良い機会となりました。

楽器始めて40年が経ち、今ごろかよって感じだけど、「今だから」と前向きに、敢えてやっていこうと思ってます。
posted by macky at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

ご案内

いつも定期的に案内させていただいてます。

トロンボーンはもちろん、吹奏楽等のオーケストラやバンド、アンサンブルのトータルアドバイスやっています。

コンクール目線での演奏についてや、音楽の作り方。考え方。方法等にお悩みの指導者や学生の皆様。
その団体、個人で処方が違います。一度直接診させてください。きっと手がかりが見えてくると思います。

定期演奏会や発表会のコーディネイト等もアドバイスいたします。ワンポイントでのアドバイスも可能です。

大学受験(音楽関係)や大人の方のレッスンも幅広く受け付けております。
初心者の方も、プロを目指している方も、現行のプロの方で技術的なトラブルを抱えている方も、一緒に練習しながら上達し、トロンボーンで音楽する楽しみを感じていただければと思います。

アイカルチャーセンターはイオンモール宮崎2Fです。ブログ冒頭に案内がありますので、気軽にお問い合わせください。

もちろん、個人的にも受け付けておりますので、お問い合わせメールをいただけば幸いです。
作・編曲、マーチングコンテ作成等も受け付けております。

吹奏楽やマーチングの指導方法に不安のある指導者の方々。その疑問にお答えいたします。
ワンポイントアドバイスもも可能です。

よろしくお願いいたします。
posted by macky at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

あっという間

先日、福岡のとある小学校の先生からマーチングコンテ作成依頼を受けました。

こういう楽しい作業はすぐに終わってしまいます。

ざっくり、ご希望を承り、早速作成に取り掛かりました。
3Dはすでに20年近く前のバージョンなのでWin7で動かすのは正直初めて。
すでにmidi操作はできないけど、作業に問題なく、サクサクとコマ描き。
30枚ほどの動きになりました。

今は皆さんにわかりやすいように「コンテ」と書いてますが、大学時代は「コンテ」とは言わず、
「コマ」と言ってましたね。

図形とか空間把握とか得意中の得意。まあ、だからやってるんですが。。。
楽譜書くのに負けないくらい楽しいです。

楽しい雰囲気が伝わるように、というご希望だったので、オーソドックスな展開から
後半はステップ多めにして、小学生の体力に合うように作成しました。
ソロの多い曲だったので、マンネリ化しないように、ちょっと今流行り風のも取り入れてみました。

指導方法なども、お問い合わせがあったので、コンテ作成とは別になってしまうんですが、
触りをお伝えしたところです。

クワトレのメンバーさんともお知り合いらしく、伊藤さんとも最近お会いになったようで、
親近感の湧く中でお取引できてよかったです。

できれば、ランスルーを見学に行きたいなぁ。。。
今年は、福岡往復が増えそう1


posted by macky at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

最近の楽器事情

先日のトロンボーンフェスティバルで、各メーカーさんの楽器やマッピを試せたので、機会があったら報告しようと思ってました。

今回は各メーカーさん気合が入っていて、質の良い楽器が目白押し。
そんな中で気になったものを紹介します。

まずはバック。
やっぱりバック。セイヤーからAFになってさらに良い感じ。
そしてアルチザン!
バックのアルチザンなんて、宮崎でまずお目にかかれません。
それを2本も!!
吹奏感や音もさすがの安定度。

次にコルトワ
ドイツ工場になって、遠のくファンもいるみたいですが、
ライトウエイトは反応もよく、オールマイティに使えそうな楽器でした。
M女史、odagiriニャンとの相性が抜群だったみたいで即購入。

個人的に気になっていたXO
その質はとても高く、中込氏OEMのマッピも高評価です。
学生さんにお勧め。Fバルブは好みがあると思うけど、どれも問題ないです。
吹奏感としては、バックとコルトワライトモデルの間くらい。

そして、細管でストライクだったのがXOのフェド・モデル!!
日本のトップスタジオミュージシャンも結構使用しているみたいだったので、とても気になってました。
反応がよく、何でもできそうな気分になります。
XOの細管は、アメリカXOの独自開発らしく、その質はアメリカミュージシャンのフィード
バックから得たものということでした。そういえば、この間のハンターもXOを使用していました。

ヤマハのアンディのモデルも良かったけど、他のメーカーさんも進化してる感じを受けました。

他にもDACさん一押しの清水女史モデル(K&H)やストンビ、懐かしいU・ホークト。
了悟くんはホークトモデルがストライクだったみたい。

マッピもウィリーズとアイルリッヒの各社長が自ら製品を持ち込んで、ガチ勝負!
とても熱気のあるものになりました。各々、確固たる持論をお持ちで、その愛情と情熱溢れる商品は、もう職人さんの「作品」と呼べる域のもので、きっとプレイヤーの満足できる逸品が、その中にあると感じました。

自分的には、最近はビンテージに凝る傾向にあって、新しい楽器にあまり興味がなくなっていたんですが、
楽器って本当に進化してるんだなぁと実感。音楽の幅を広げる意味でも、奏法的な負担は減らしたいですもんね。

また新たしい楽器に興味が湧いてきました。
posted by macky at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

梅雨入り

先週は、お誘いのあったゴルフが雨で流れ、残念ながらニューカマーデビューはお預け。
雨の状況から、そろそろかな、と思っていたら梅雨入り宣言。

あぁ、うっとおしい2ヶ月が始まる。

午後は、同級生から急に誘われ4年に1度の同窓会準備ミーティング。
立ち位置としては、一般庶民代表みたいな。でも、久しぶりの気の置けない同級生との会話は、
あっという間に2時間をワープ。楽しかった。

そんなこんなで、休みを有意義に使わねば、と思いつつ、2日間がすぎ、お仕事。
でも、その間にいろいろ模索したり、情報収集したり、練習したり。

今、一番問題にしているのはPA環境と楽譜。
特に楽譜は、これからのことを考えて、ペーパーレスにしたいところ。
でもタブレットはどうかなと思っていたところ、いろいろ代案が生まれ、予算内でいけそう。
これだと、薄暗いライブハウスでもいけるし、突風で譜面が飛ぶとか、アクシデントも減ると思います。

オーディオとも連動させたいしね。

とにかく収入を増やさねば。
posted by macky at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする