ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2017年10月03日

本当の自分を見つける

雨が上がってホッとしてます

おはようございます!

小さい頃からのしつけとか、教育とかで心に縛りがかかったまま

っていうのが、どれだけ自分を束縛していたか

最近、よく感じます。

でも、それも生まれたときから与えられた試練だったのだろうと

何歳で気付けるか

というのは問題ではないです。

生涯を終えるまでに気付けるか

が大事。

気付けたとき、世界が変わる
posted by macky at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

楽器が上手くなくても

私はトロンボーンをキッカケに、クラシックの世界と出会いました。
そして合唱、吹奏楽、ジャズ、フュージョン、クロスオーバー、ボサノバ等のラテン音楽。

さらには、いい音で聴きたくなって、オーディオの世界も知りました。
(音楽家でここをいい加減にしている方けっこういらっしゃいます。)
そして音響にも興味を持つようになりました。

自分は人前で緊張する方だったので、アレクサンダーテクニークやボディマッピングもかじりました。
今はその延長でスピリチュアルにはまってます

楽器と出会って環境が一変したわけです。

つまり、楽器を手にしたあなたは

すでに、

音楽の扉に手をかけたわけです

あとは思い切って開けるだけ

練習は極めて個人的な作業なので、だれも手伝ってくれないし、上手くなったかもわからないのです。
でも、そんな暗闇みたいなところを通った先に、素晴らしい世界があることを予感して楽器を手にしたんだと思います。

その直感を信じてください

練習に悩みを抱えてる方、個人でもパートでもバンド全体でも気軽に連絡くださいね〜
フェイスブック、メッセンジャー、ライン、ツィッター全部アカウントあります♪
カルチャーセンターへ連絡していただいてもかまいません♪



posted by macky at 10:15| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結局

楽器うまくなりたいんだったら、練習あるのみ。

て、ことなんだけど。

それが苦痛だったら、無理することないよ

他にも楽しいこといっぱいあるし。

で、なんでうまくなりたいの?

コンクールで金賞取りたい?

ちがうよね〜

少なくとも自分は違いました。

トロンボーンが好き

それだけ


でもね。

そのトロンボーンのお陰で音樂の世界の奥深さを知ったわけですよ。

なんか矛盾してるけど

小学校の頃、音樂の授業、大嫌い(横山先生ごめんなさい

でも、ポップスは好きだった。
「今」を生きてるのだから、当たり前といえば当たり前。

で、クラシックでもジャズでも、ポップスでも

知れば知るほど
人間臭いんですよね〜

当たり前だけど 

その時代を生きる人間臭さが音樂に乗っかってるわけ
それが愛おしいのです

多分、単純に楽器うまくなりたい
ってのは自分を認めてもらいたい、ってことかもしれませんね〜

ただ、楽器って音樂の表現手段なので、

上達したら

音樂の扉が待ってます

おやすみなさい♪


posted by macky at 01:11| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

楽器、上手くなりたい人

楽器上手くなりたい?

簡単

それはね





夢中になること





以上
posted by macky at 08:46| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

おはようございます♪

今日はいっきに冷え込みましたね〜
明日から10月ですから

折角の日曜なのですが、午後からお仕事。

う〜ん、残念。。。
天気いいのにね

まあ、お仕事なきゃご飯食べられないし、それはそれでありがたいのですよ♪

来週はイベント演奏があります。もし見かけたら気軽に声かけてください♪
何のイベントかって?



楽器上達は一日にして成らず、今日もたくさん練習してくださ〜い♪

今日もよい一日を♪
posted by macky at 08:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

やっぱりアレンジもの

トロンボーン始める人って、学生時代からだとほとんどの人が吹奏楽からだと思います。

私はですね〜

オーケストラからなんです。

だからあまり吹奏楽のことは知らないです。吹奏楽の世界っていった方がいいかなぁ。

中学校も高校も吹奏楽部がなくて、作った人間なので、そういう意味では吹奏楽には関わっていたわけですが。

大学も吹奏楽部だし、警察音楽隊に所属していたし。

お陰で、当時では滅多にできない演奏経験をさせていただくことができたとは思ってます。

それで思うのは、吹奏楽の本当の魅力ってクラシックの名曲を再現するアレンジものだということ。

もちろんオリジナルにいい曲はたくさんあるのですが、すべての様式はクラシックに通じていて、そうなるとクラシックの名曲に触れることがとても大事になるからです。

管楽器の色彩感もそれまでの名作曲家を踏襲している場合を多く見受けられます。

オリジナルのこの場面はあの作曲家のこの曲のこの部分を参考にしたらいい

みたいな。

となると、名曲であればあるほど、名演も数多く存在するわけで、それを聴くだけでも幅広い解釈を持つことができるようになりますよね。

なので、クラシックの名曲をアレンジすることによって吹奏楽という世界で音楽を知るというか、せっかくすばらしい西洋音楽の世界があるのですから、それを知らないのはもったいないと思うわけです。

私も大学時代、プロコのロメジュリ、コープランド、ボロディン、ストラビンスキー、レスピーギ、ベルリオーズとアレンジものをさせていただきました。

その経験は換えがたいものがあります。

もちろん、オリジナルも好きな曲はたくさんありますよ。

マーチングも大好き♪
あんなに胸が踊るジャンルはないんじゃないかなぁ

ビッグバンドも大好きです。

なので、コンクール一辺倒にならずに、音楽に深く入っていけるといいですよね〜
posted by macky at 23:13| Comment(0) | 吹奏楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽器がうまくなるには〜初級・中級者編〜

こんばんは

昨日は鹿屋で、思いがけず14cm用の鍋蓋をみつけ、なんと200円!!
なんか、得した気分でした。
(こんなことで幸せになれるリーズナブルな性格 笑)

しかも、最近よくゾロ目を見かけるんですよ。これはスピリチュアル的には方向性がいいんだそうですよ。

ちょっとワクワクしてます

今日も「つるや」というゴルフショップからプレミアムフライデーで500円引きクーポン券をlineでもらっていたので、目的もなく店で物色したところ、いつか買わなければと据え置きにしていたベルトが格安だったので、さらに値引きで買うことができ、しかもその金額もゾロ目!!!

ちょっと笑ってしまいましたよ(^^ゞ。

さてさて、今回は初心者、中級者共通のこと。
皆さんが練習している基礎練の意味について

そんなの知っているよ、っていう方もいらっしゃると思いますが、知らない方のために。

ロングトーン
◎ブレスコントロールの上達
◎アンブシュアの完成度を上げる
◎構え方・姿勢を確認
◎音程・イントネーションを正確にする

等など。これにクレッシェンド→ディミニエンドを加えて行うとなお効果的。
各スケールを基準にして行えば、スケールのスライドワークや指使いを覚えることができます。

単純な練習だからこそ、要点をしっかり確認しながら練習できるのです。
それができなければ、楽譜に入ってもいい加減なまま。

特にコンクールのような、しびれた場面でその差がでますね。

もちろんそんなの関係なく、吹ける方もいると思いますが、メンバー全員がそうとは限りませんよね。
でも、全員日頃からそういう練習をしていれば、自信にも繋がるし、間違いなく結果が出ます。

他にもインターバル、スラーにも意味合いがあるのですが、また書きます〜♪


posted by macky at 21:09| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくある話

おはようございます♪
今日は涼しい〜
でも意外とベッドの中が暑くて眠れず。。早起きしちゃいました。
そうしたら、リアルタイムで知り合いが朝焼けをフェイスブックに投稿。
思わず、

ミラーマ〜ン

素晴らしい朝焼けと日の出
ノブちゃんありがとう

最近、

楽器がうまくなる

シリーズ書いてます。

月並みなんだけど、浸透してないしやってない。
ということがわかったので、

解りきったことに上達の鍵がある

ということを伝えたくて始めました。

マーチングも一緒。

特に地方は比べる相手がいないから自分達で制限をかけます。
自分と同世代の都会の子たちがどの程度の練習をしているのか、指導者も含めて理解していないんだと思います。

解ってるつもりでも、やってないから仕方ないんだけど、やってきた人と知ってるだけの人では当然その差が現れるわけですが、それをどう埋めて、実感させるかが鍵となります。

かなり、差が縮まったとは思うけど、決定的な差。
それが多分、基本の軸がぶれてるか、ないか。

なんじゃないかな

基本を知って入るけど、やってない。
または、やってるけど基準に満たしていない。


ってことですかね〜

多分ね、できてないんだろうな〜

って感じてるわけです。

何がどの程度足りないかは学校によって違うので、バンド診断お薦めします

あと、指導者の方も東川くんのワークショップ見学に来てくださいね♪
間近でトッププロの演奏聴けるまたとない機会ですから

今日も良い1日を♪
posted by macky at 07:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

楽器がうまくなるには〜初心者編B〜

音楽の仕組みを知ろう♪

楽器って音楽を楽しむための、楽しんで聴いてもらうための手段。

ということは、音楽のことを知る必要がありますよね。

ここで言う音楽というのは、所謂西洋音楽。今世の中に出回っている音楽のほとんどは、この西洋音楽のルールに基づいて作られてます。なので、音楽のルールを知っているのと知らないのでは、楽器の上達の速度は雲泥の差となって現れます。

音楽の授業は、かなり端折っているので、ルールに蓋然性や整合性に欠け、かえって混乱しやすいので、納得のできる自分流の教科書を見つける必要があります。

オススメは音楽之友社の
楽典―理論と実習

これ一冊理解すれば、音大受験も問題なしです

そうすることで、自分の手にした楽器がどういう立ち位置なのか、理解が早いです。

音大受験しなくても、ゴルフやサッカー楽しむのにルールを知っておく必要があるのと同じ。
楽譜を読むのにも欠かせません。

早く上手くなりたい人はぜひ手にとって読んでみてくださいね♪

ではでは、今日はこの辺で。

posted by macky at 12:03| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

楽器がうまくなるには〜初心者編A〜

おはようございます♪
あいにくの雨です
最近、オフの日に限って雨。。。
家でじっとしてろということかな。

さて、前回

ただひたすら練習あるのみ

みたいに書きました。
まさにそのとおりなんですが、やみくもに練習しても早く上達するとは限りませんよね。
効率よくいきたいという方のために、いつも講習でみんなに言ってることを伝授しますね。

まず、楽器のしくみをよく知ること。

意外とよく判ってなくて吹いている人多いです。

次に基本中の基本をしっかり練習すること

金管楽器であれば、マウスピースでのバズ、木管楽器であればマウスピースだけでのロングトーン。
やり方は上級者や指導者に診てもらう必要がありますが、これできないで楽器うまくなれません

ちなみに自分は、中学生のときは2〜3時間、毎日マウスピースで音出ししてましたね。

ちょっと短いですが、今日はここまで。

今日も良い一日を♪
posted by macky at 08:17| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする