ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2007年07月16日

楽器選び(ゲッツェン)

J.アレッシが君臨して市民権を得たエドワーズ。その言わば規制版として、日本で絶大な支持を得ているメーカーとなりました。日本でも日フィル首席箱山氏が愛用してます。もっとも若い人たちに支持を得ている楽器かもしれません。

楽器の特徴は、なんといっても「操作性の良さ」につきます。良い音の基準でいうと、ポップな傾向にあると思います。もちろん、マウスパイプで音色が変えられるので、曲によってマウスパイプを換えるといったことも可能かと思います。

個人的にいうと、ちょっとウォーマー過ぎるかな、と思います。でも、これもマウスパイプで調整できるのかなと思ってます。エドワーズのプラチナあたりを挿すといいのではないかと。それにしても、HiーBb前後の音がとても安定して吹くことができるし、本当に魅力のある楽器ですね。

3047とのベストマッチ・マウスピース

バック 〜 4G
グレッグブラック 〜 アレッシモデル5M
posted by macky at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難しいGの音

実は私自身、つい最近まで解決してませんでした。したがって未だに癖が抜けずに苦労してます。でもGのあたりの音が出づらいのは、奏法上の問題なんですね。それは意識的に解決しないと無理かも知れません。まずは○○をなくすこと。実は再三、私が言い続けてることでもあるんですね。次に正確な○○を行うこと。これでほとんど解決します。
これが解決しないと難易度の高い曲は、まず続けて吹いて演奏することはできないでしょうね。

○○・・って卑怯だ!って方もいらっしゃるでしょうね 笑。でも、今のところ自分のお弟子さんにしか教えてません。だって、言葉だけだと誤解が生じると感じているからです。今までの裏技集に十分すぎるほどのヒントがありますから、まだ読んでない人は読んでみてくださいね。
posted by macky at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽器選び(CONN)

CONNといえば、40年程前のエルクハートものの88Hしかないでしょうね。ここ20年はリンドバーグが使用している楽器としてすっかり定着しているようですが、当時のコーンとは全く別物といっていいかも知れません。

そんな訳でコーン=ローズブラス、コーン=ナロウスライド、コーン=2枚取りベルといった印象をもっています。三輪先生が当時、ヤマハのプロモデルのケースに入れて持ってこられて、とても大事そうに扱われていたのを思い出します。

その後、この楽器との出会いは意外にも大学の備品でした。誰かが落としたらしくベルが凹んだままだったのですが、めちゃくちゃ音がよかったです。当時この楽器を愛用していたメイプレイヤーと言えば、R.バロン氏、R.サウアー氏でしょうね。今でもCDは手に入るので、ぜひ聴いて欲しいですね。

コーンの欠点は唯一スライドでしょうね。経年劣化が他のメーカーよりも早いような気がします。しかし、アメリカ製がバックオンリーと思われる中で、著名なソリスト達がコーンを愛用しているのをみても、その楽器の質の高さというのは、十分うかがえますね。

88Hとのベストマッチ・マウスピース

バック 〜 5G・5GS
シルキー 〜 51
posted by macky at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

楽器選び(Bach)

私が本格的に始めようとして親に買ってもらったのがバック36Bでした。
その後、大学時代に42BCと16(NYモデル)を使用してましたが、太管はヤマハに換えて現在に至ってます。
バックというと、1枚取りのベルから生まれる均一な音質、リミットのないダイナミクスレンジを連想しますよね。これは、細管から太管まで共通したもので、発売当時から全く変わらないラインナップをみても、その完成度の高さが伺えます。
ただ、アメリカ人気質というか製品にムラがあるので、必ずある一定の演奏技術を持った人に選定してもらうことをお薦めします。選定料は安くないですが、一生使える楽器を持っているか、そうでないかを考えると選定してもらった方が断然お得ですよね^^。

私自身、当時42Bを吹く体力がなかったのと、もう少しダイナミクスでひずみが出た方がトロンボーンらしいと感じていたので、手放したんですが今思うと、とっておけば良かった、と少し後悔してます^^;。
専門家、特にクラシックを目指される方は一度は手にして欲しい楽器です。
posted by macky at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

マウスピースの選び方@

もう何度も書いているんですけど、今までの分はHPのライブラリを検索して読んでいただくとして、今回はちょっと別の視点から。

確かにMyマウスピースを持っていると上達は早いと思います。でも、その前にやらなければならないことが結構あると思うんです。
つまり、ある一定のレベルになってから遅くはないかと思うんです。
例えば、
HiBbとペダルBbが出ること。
リップスラーができること。
ダイナミクスを変えられること。
などです。

私は趣味でゴルフをやってるんですが、100切るまでは、中古の安物でした。
つまりは、どんなクラブでも一通りのことが身に付かないと、良いクラブでファインチューニングしても無駄だしもったいないのと同じで、どんな楽器でも故障品でなければ、一通りのことができなければ、自分にあったマウスピースを選ぶなんて不可能だと思うんです。

自分にあったマウスピースを選ぶのは、基本的なことができるようになってからでも遅くありません。定番といわれるマウスピースでも、自分にむかないことがあります。それが、わかるくらい練習を積んでみてくださいね。
目安は、レミントンをきちんとした形でできるようになること、でしょうか。ただ単に教本通りやってちゃだめですよ。教本の進め方がわからないという人は、スローカーの教本がいいかもしれません。これも、進め方がありますけどね。レミントンよりはオートマチックです。

その上で、代表的なマウスピースを試してみるといいですよ。
バック、YAMAHA、シルキー、グレッグブラック、ストーク、ティルツ
等々、他にもたくさんあります。
ただ、楽器との相性があるので、気をつけましょうね。
各音域でのリニアリティとダイナミクスのリニアリティが基準です。
アメリカンタイプの場合、ダイナミクスで音割れがあまりありません。
ヨーロッパ系の場合、サイズで割れ幅が違います。
クラシック用としてはヨーロッパ系のマウスピースが良い結果を得やすいと思います。
この辺は、音色の好みの問題にもなるので、いろいろ試してみてくださいね。
posted by macky at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

トロンボーンの構え方

楽器店に並んでいる教本に写真があるので、特別言うことはないんですが、まず初心者の方は左手で持ちすぎないこと。

右手と左手5:5でいいと思います。
上達するに連れて4:6 3:7
となっていけばいいと思います。

まずはきちんとマウスピースがセットできる状態を作ることに重点を置いてくださいね。

指導に行って一番気になるのが右手のスライドの持ち方
ひどい人は鷲掴みになってます!
基本的に
○親指・人差し指・中指の3本で支柱の下半分を持つ
薬指は添えるだけ

あと人前で演奏するわけですから、かっこよく見えるように

デートに行く時おしゃれするでしょう?
あれといっしょです。
舞台によっては何千人という方から見ていただくわけですから・・。

クラシックやジャズによってもスタイルがあるので、プロのリサイタルやライブを見にいったり、You tubeなんかでも見ることができるので、探してみるといいです。

posted by macky at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

アンブシュアとアパチュア

トロンボーンを吹くのに、普段とちょっと違うことをしなければなりません。それは、唇が楽器の一部として使用されることです。
正確に言うと唇の振動ですね。
振動させるために必要な唇の形をアンブシュア。
振動させることをバズィングと言います。
以上のことは教本にありますので、どれでも結構ですからアンブシュアを確認して、バズィングしてみてください。

ここで大事なことは、アパチュアを音域に関係なく確保するということです。アパチュアとは、アンブシュアで得た息の通り道です。口笛の時にできますよね、息の通る穴が。それと同じと思ってください。

感じ方は、その人の骨格、唇、上達の度合いで違います。さらにはジャズ奏者とクラシック奏者でも違うと最近は感じてます。
それは要求される、音量・音域・楽器のサイズ・それに伴うマウスピースのサイズが違うからです。

まあ、このことは後述するとして、アパチュアが大切なのは理解していただけましたでしょうか?
なかなか難しいですけど、アパチュアを感じながらバズィングしてみてくださいね。

その上で、スケール(音階)やアルペッジオ(分散和音)がバズィングでできるようになれば、後は簡単に楽器が吹けますよ^^。

さてバズィングにはマウスピースによるものと唇だけのもの(フリーバズ)に分かれます。
フリーバズは必ずプロの方か熟知されたトロンボニストの方から指導やチェックを受けてください。

マウスピースによるバズは、
○下あごが自由になるっていること
○プレスしすぎないこと(ソフトプレス)
に注意して
慣れてきたら、スケールやアルペッジオに挑戦してみてくださいね^^
posted by macky at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

トロンボーンを吹く前に

楽器を吹くのに必要なファクター、それは好きになること。。でしたよね。
さてここで、トロンボーンというより管楽器を吹く上で、とても大事なことがあります。これがないと残念ながら吹けません。

それは
音感、リズム感です。

どの程度のものが必要か・・
それは、

カラオケが好きで歌えるかどうか

を基準にしてもらえればいいと思います。
絶対音感まで必要ありません 笑。

楽譜を読むことは練習で身につきますが、感は身につくのが非常に困難です。それと歌と管楽器の奏法は、とても密接な関係があります。これは経験則なので一概に言えないんですが、歌がだめだと呼吸法を身につけるのが難しいですね。ただ、
だからといって呼吸法は後で身につけることも可能ですので、まずは音感・リズム感を試してみてください。

さあ、これで楽器の練習するのに必要なチェックは終わりました。

あとはやるかやらないか・・・です^^
posted by macky at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽器を手にしたら

楽器のお手入れ

ほとんどの人が、手にした楽器はあなたの学校の部活団体が所有しているものだと思います。

その楽器は、当たり前のようにあなたたちの前にありますが、1本がどんなに安くても7万円以上するものです。しかも数年後には後輩たちに引き継いでいかなくてはなりません。

楽器は手入れさえ怠らなければ、ほぼ永久に使用できます。
ですから、きちんと手入れ方法を学んで、お手入れをして上げてください。
posted by macky at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トロンボーン初心者の方へ

トロンボーンを始める前に

トロンボーンと出会うきっかけは様々だと思います。
小さいころから憧れていたという人の方が少ないかもしれません。私もそうでした。人か誘われたことで、こんなにも人生が変わったんですねぇ。。笑。

トロンボーンと出会ってなかったら、もっと平凡な人生だったかも・・。

つまりは、考えもしなかったトロンボーンを通しての音楽との出会いから、現在がある訳です。正直まんざらでもありません。
このことは親や出会った方々にも感謝しなければと思ってます。

さて、何が言いたいかというと、ロックの世界しか知らなかった私が、新しい、というかそれまで敬遠していたクラシックを知り、ジャズを知り、ポップスを知るようになったのはトロンボーンのお陰なんですね。お陰でそこそこの編曲もできるようになりました。

だから、まずは出会いを大事にすること。
敬遠せずに、まずはチャレンジしてみること。
そして好きになってみること。

それでもダメだったら、別な出会いを求めればいいと思うんです。

まずは、せっかく出会ったんだからその出会いを大切にしてください。あなたのお友達だと思ってね^^
posted by macky at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする