ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2013年01月12日

日々

コマメに更新、のつもりが、あっという間に1週間。

怒涛の編曲ラッシュ的な日々です。
頑張らねば。

だからと言って、ブログが更新できないほど忙しいわけではないが。

で、今週のハイライトは、何と言っても鵬翔高校サッカー部の決勝進出でしょうね。
宮崎県スポーツ史始まって以来の快挙。本当におめでとうございます。

決勝ともなると、優勝に期待がかかるけど、とにかく自分たちのサッカーを貫いて欲しいと思いますね。
疲れもあると思うけど、悔いの残らないようにね。頑張って欲しい。
でも、決勝は観客少ないだろうなぁ。関東勢いないし。
東京の宮崎県人会は動員かけなきゃね。

で、編曲はすでにタイムオーバー状態。。
お返事待ちも含めてね。
イメージがまとまらなくて、やっと浮かんだけど、ダメ出しされそうな予感。
でも、自分を信じて送ります。

楽器吹いてないし。。。3月のミニライブ、曲は決定してます。

さてさて、明日は一気に済ませて、打ちっぱでも行きますかね。
posted by macky at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

新春の

特番だらけで、少々食傷気味。

でも、石川遼くんとたけし、佐々木監督、マー君のゴルフは面白かった。
で、久しぶりにためになったのが、ゴルフチャンネルで放映されたノーマンのレクチャー。
バンカーショットについてだったけど、よかったぁ。

スィングのタイプで、ウェッジを選ぶって知らなかった。。。

そういえば、今のウェッジは評判だけで買って、慣れるまで随分苦労したもんなぁ。
ほんと、青木とかもそうだけど、トッププロの言うことって、単純明快っていうか、シンプルで的を得ている。究極のアナリストなんだよねぇ。

楽器奏者も共通点が多いように思う。

それはともかく、ひと通りのバンカーショットの打ち方について説明を見て、とても参考になった。
機会があれば、ショットのレクチャーも見てみたい。

やっぱり、ノーマン最高(*^_^*)。



posted by macky at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

枡酒

お正月恒例の日本酒。

年末に買った新潟の純米酒も底をついてきたので、もう1本。
安酒を求めて、ディスカウントショップへ。

兵庫のお酒が異様に安かったので、それを購入し、期待と不安の中、一杯。

はずれでした(´・ω・`)。

消毒臭がするし。。。
で、安酒には手を加えないと飲めないので、自宅にある枡に移す。
この枡、雲海酒造のものなんだけど、香りがとても良く、安い焼酎やお酒を入れると、効果適面!。

さっそく、もう一杯。
消毒臭も取れ、木の香りとともにまろやかさが増し、十分飲めるお酒になった。

これで、残りのお正月はのんびり過ごせそう(*´艸`*)。

posted by macky at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セミインターロッキング、その後

ノーマンに憧れ、でも諦めていたセミインターロッキング。
この歳になって、この方がグリップがしっかり握れる様になったので始めたけど、ショートアイアンでシャンク連発。それでも、ロングアイアンやウッド、ドライバーは良い感触だったので、しばらく模索することに。

で、どうも右親指の添え方に問題があるのではないかと思いだすようになり、確かめるべく、打ち初めへ。

結果は、予想通り右親指の力加減だった。
グリップがしっかり握れ、振ることができる分、ある程度、右の親指でコントロールする必要があった。
大きいクラブはヘッドが走る分、軌道が安定しているので、問題ないが、小さいクラブは、軌道が若干外回りになるみたい。それで、右の親指でダンプさせある程度コントロールしてやると、全くシャンクがなくなった。
芯に当たるので飛距離も上がり、狙った通りのヤードデージで飛んでくれるようになった。

ちょっとした事に気付くこと、これとても重要。だれも教えてくれないしね。

次はコースで試したい。当分、無理だけど。。。
posted by macky at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

新年

年賀状2013.jpg
あけましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になりました
今年もよろしくお願いいたします

というわけで、巳年スタートですね〜。
今年は、活動を飛躍させ、お世話になった方々に恩返しが出来ればと思っています。
巳年だけにね〜、景気回復祈願ですな。

さっそく、編曲やレッスンがスタートします。
頑張ります(*´ェ`*)。
posted by macky at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

年末

今年も残すところあと2日となりました。

順風満帆とはいきませんが、やっと、活動できる体制が整ってきて、ご迷惑・ご心配をお掛けした方々に恩返しできそうです。

地元の子ども達のために、未来の為に、今できることを確実に行動に移そうと思います。

今年、一番大きな出来事はFacebookやツィッターでの繋がりでしょうか。
幼馴染との再開や中学校の同窓会
そういった企画もFacebook等で決まって、楽しいひと時を過ごしリフレッシュできたし、全く顔の知らない方々と知り合いになり、近況などを語り合い、分かち合うことができました。
ただ情報を取るのがインターネットの役割ではなくなってきている感じがします。

どうしても人口の少ない地方だと、一部の考え方に傾注し、そこにロックが掛かってしまう。所謂、アンカリング。でも、ネット上でいろんな方々と会話していると、その視野の狭さから脱却し、別の視点で臨むことができる。これは、これから変革してくであろう時代に取り残されないためには、とても重要なことです。

原発事故以来、ムラ社会への批判が強まりましたが、所謂原子力村だけではなく、いろんなムラ社会の打破が、今後必要になっていくように思います。それは、硬直した組織をいかに立て直すかという課題になります。

子ども達、若い人達は、とても素直で冷静に大人を見ているということも実感。

気を引き締めて、来年へ向けて準備したい。

この一年、ご来訪くださって本当に有難うございます。
どうぞ、よいお年を。
posted by macky at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

お陰で

病休中、体力的なことはできないけど、家でいろいろな用事を済ます。

まずは、買い替えを余儀なくされそうなノートPC ThinkpadのR61e。
これは、xpとしてはとても良く出来ていて、とても使い勝手が良かったんだけど、去年辺りから異音が出始め、起動時にはFanerrが出て止まってしまう現象がたびたび。

もうダメかなと思って、オークションでファンを物色し、取り付けてる人のサイトを探していたところ、掃除で治ったという記事を発見。さっそく、分解、お掃除することに。

ネジが多くて困ったが、何とか掃除を済ませ、グリスを吹きつけて、試験運転。異音が解消された。
今のところFanerrも発生せず、気分的もサクサク動いている感じ。良かった。これで、当分安心して使えそうだ。

とにかく、ネジが多いので、場所を確認して、整理してとりかかることが大切かな。XP、まだまだ後2年あるし、新しいのを買い換えるくらいなら、普通タブレットになるだろうしね。

いずれにしても私の場合、シーケンスソフトがWindows8などでインストできない可能性が高いので、メドが立つまでは、XPに頑張ってもらわなければならず、大事に使っていかねばと思っている。
posted by macky at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダウン

やってしまいました。
痛恨の3日病休。

ウィルス性胃腸炎、多分、巷を賑わせているノロウィルスです。多分というのは、お医者さんも特定できないらしいからで、もちろん然るべき場所で検査すればはっきりするんでしょうが、普通の病院の初見では特定できないらしいです。

下痢が4日も止まらないなんて。生まれて初めて。
大学生の頃、こてっちゃん食べて食中毒になって以来ですな。それでも、一晩で完治したけど、今回は検討がつかない状態。

さすがに、吐き気、嘔吐は2日目から収まったけど、下痢がねぇ。すみません。汚いネタで。。
でも、4日目になってやっと普通にご飯を食べようという気になってきたし、これからかなという感じ。

それで、体験して思ったこと

まず、水分。
OS−1がベストだけど、コストがかかる。と言う方は、2Lのポカリスエットに小さじ1杯の塩を入れて飲むといいです。これは、同級生のお医者さんで小野くんがツィッターでツィートしていたもの。
他には、水に塩1,砂糖4の割合で加えて電解水を作る方法。砂糖の代わりに蜂蜜も可。

栄養ゼリー
味はアミノバイタルがお薦め、値段も安い。これ以上安いものは嘔吐感を招くので要注意。味の素、最強です。

食事
嘔吐感がなくなったら、
おかゆ
湯豆腐
など、消化の良い物をとるといい感じ

以外なもの
みかん、ポンカン
これは、消化が悪いように感じますが、水分、糖分、ビタミン申し分ないし、意外と腹貯まりがいいので満足感があります。できれば皮ごと食べることをお薦めします。でも、1個までです。

普通にご飯が食べれるようになって、改めて健康の素晴らしさを感じます。
皆さんも、年末に向け、どうぞご自愛下さい。
posted by macky at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

音のシャワー

宮崎公立大学吹奏楽部第8回定期演奏会、無事終了しました。

本当に良い演奏会だったと思います。
オーディエンスを、音で、パフォーマンスで魅了してくれました。

私も、ゲネプロから見ていたけど、今まででもっとも安心して見ていられる内容でした。
ていうか、一人のオーディエンスとして聴いていましまた。
本当に久しぶり、何度聴いても飽きない音、そして音楽。まさに音のシャワーを浴びた感じ。

正直、練習過程から何度も聞いているので、自分の性格から言って、本番とかあまり客席にいかないんですが、今回は客席で聴いてみたいと思わせてくれましたし、期待通りの演奏でした。

アンケートでも絶賛してくれる方が多く、「来年公立大受けます。吹部入ります。」っていう子もいて、やっとスタートラインに立てたという印象です。

スタートラインとは、公立大吹部がひとつのステータスになるような活動をして欲しいというものです。
宮崎市の中心にある大学にステータスを感じないことに寂しさがあったので、吹部にステータスになって欲しかったのです。それを実現するための第一歩になった気がします。

もう一つ、アンケートでお叱りの意見が。
それは、「こんなに素晴らしい演奏なのにお客さんが少なかった」「インフォメーションが足りない。ブログも更新されていない」というものでした。

演奏会までの過程で、ポスターやチラシの様子を聞いて、本当に宣伝が足りないと思いましたね。
あまりにも酷いので、叱咤激励したほどです。まあ、去年よりは入っていたけど、本当にもったいないことです。来年こそは、満席にして欲しいと思います。

この演奏会で世代交代し、新たな体制でスタートするわけだけど、次の世代もきちんと引き継いでくれることと思います。

来年が楽しみです。
posted by macky at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

何時の時代も

毎年毎年、同じ事のようだけど、その世代、世代にトロンボニストは誕生するので、同じ問題を抱えてブログを見に来るのだろうと思ったりしています。

そう言った人達に少しでも、このブログが役にたってくれれば、開設した目的は達成されるのだけど、最近の政治情勢があまりにも悪く、いち社会人として放おっておけない気持ちが強く、政治や経済の話のウエイトも大きくなって、ついつい本来の目的から脱線している感はあるのです。

最近のトロンボーンやそのマウスピースは開発されつくされてきているように思い、また自分がHPを開設したころは本当に少なかったけど、今となっては、かなりの数のサイトやブログがあり、ここに辿り着く方も少なくなってきているように感じます。

それでも、運良く?いらした方が、「覗いてみてよかった」と思ってくれればいいかなと。

私自身も正式に教室をスタートさせたこともあり、より具体的な目標もでき、そう言った意味でも、その都度、フレッシュな情報を丁寧に伝える努力は必要だと肝に銘じていたい。

もちろん、自分自身の勉強も大事。日々精進したいと思ってます。
posted by macky at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

スマホ的な

アンドロイドも進化して、いろんなランチャーが手に入り、カスタマイズできるようになりました。
もともと、iPhoneから始めているので、iPhoneっぽい画面にカスタマイズできればいいなと思っていたところ、GOランチャーというのを見つけ、早速導入。

最初は重かったけど(多分情報を抜かれていた)、アプリの諸問題が浮かび上がって、多数のアプリとともに頻繁に更新があってからは、比較的軽くなり、使い勝手も良くなりました。感触としては、情報を抜き取るプログラムを消したんじゃないかなぁ。結構な無料アプリが更新したので。。。

で、Photonの唯一気に入らなかった待受画面が、今回一新。とてもシックなデザインになって、当分買い替えの必要ながないところまで進化しました。

この辺は、iPhoneでは味わえない、アンドロイドの良さかも。カスタマイズでオンリーワンのデザインはとても魅力的です。他の人に使用されることもなくなるしね。

ランチャーでiPhone風にカテゴリに分けてアプリを使用して、待ち受けも他のPhotonにはないデザインにできているので満足(*´ω`*)。まだやってないけど、クリスマスバージョンとかもあるみたいですね。

バッテリーは購入時にサービスで未使用品をもう一つ持っていて、今のバッテリーがだめになっても、しばらくは購入する必要がないし、iPhoneと違って自分で取り替え可能なので、当分は問題ないですね。

アンドロイド系をカスタマイズしてオンリーワン。これからのスタイルになりそう。
posted by macky at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

日々

選挙、終わりましたね〜。
まあ、大半の予想通り、自民圧勝という結果になった。
それをどうとるか。人それぞれといったところでしょう。

国民が求めているもの。それは右でも左でもなく、安定社会。

他の国々の評価が低いようですが、世界的に見て目標とするような立派な国は、今のところ存在しないですね。
債務超過と言われても、EUの7京円に比べれば雀の涙。
アメリカの銃社会なんて酷いもの。さらには新自由主義の格差。

とはいえ、このままで良いかというとそうではないことは明白ですが。。。

インフレターゲットが話題になっています。
反対派が多いですね。古舘さんとか。お笑いタレントの方がどの程度解ってらっしゃるのか。

確かに、金融緩和策だけでは、紙幣の価値が下がるだけ。ドルみたいにね。
それに、今の新自由主義的給与システムでは、庶民は潤いません。
デフレとか言っておきながら、官僚の中間層の感覚は年収1000万とか。
地方の経済感覚とのギャップをなくすことが大事。

だから、まずは労働省を復活させ、骨抜きになっている労働基準局の見直し。
目的は、健全な労働市場の維持。労働市場に厳格な規律を作り、政府がそれを守るシステムが必要。
それだけで、デフレ脱却、つまりインフレーションは起こります。
労働基準局は司法権を持っているのですが、使い方を知らない。であれば、検察・警察OBを配置して、厳格に企業を取り締まるべきです。

消えた年金は企業と厚労省の密約のなかで発生したとも言えるからね。
あとは公明党の使い込みでしょ。だから、石原さんが牽制している。

それはともかく、労働市場の健全化。そのためには厳正にジャッジできる体制を早急に作る必要があるでしょうね。そうすれば、税金も増えるし、年金を収める人も増えるし、いい意味でお金が回り始めます。

小さな政府でも構わないのですが、法のもとでしっかりジャッジできる体制が必要なのですよ。
生活の根幹である労働市場まで自由にしちゃったから、新自由主義的ラットレースが蔓延してるわけです。

できるかな〜、安倍さん。日銀総裁に注文を付けるのは、パフォーマンスとしては良いことですが、実質的なデフレ脱却には繋がらないと思ったほうが良いです。

posted by macky at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

どちら派と言えば

選挙的にはどちらでもない、というのが本音。

イデオロギーが変わろうが、お殿様が変わろうが、畑を耕し、猟をして、商売をし、生活をしている。
竹中経済対策で、都会はある程度潤ったが、所謂地方(橋下さんが言っている地方ではない)は、インフラがずたずたになり、さらに地方の経済が悪化した。

今、官僚を批判しているが、馬鹿な政治家が大臣になって簡単に決済し続けたことに尽きる。
どんなにいい馬でも、手綱を引く者の質が悪ければそれなりということ。
その辺の質といういう意味では中曽根さんあたりで終わったとも言われる。

2世議員がいけないというが、餅は餅屋という言葉もあるし、まずもって参政権を謳った憲法に抵触するのではないだろうか。内部規定とはいえ、憲法を蔑ろにしていいか、甚だ疑問。

個人的には、野田さんは頑張った方だと思っている。最初が酷かっただけにね。
金まみれの汚職議員も立ち去ったことだし、健全な民主党を作りなおして欲しいと思う。
まずは、民主党のマークを一新して欲しい。国旗を分断するような党のマークは褒められたものではない。

別に右じゃないけど、この国に生まれた以上、この国固有の歴史をリスペクトし、その上に新しい時代を積み上げてこそ、2600年続いた意味がでてくる。

戦後レジームの脱却が、今後のカギを握ると思う。
posted by macky at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

これでも

学生時代に一応、マネタリズムと財政の権威、レイヨン・フーフウッドの研究をしていました。

マクロ経済のミクロ的基礎

懐かしい。。。

楽器ばかり吹いていたので、ゼミでは孤立していたしなぁ。理論をやるしかなかった。
でも、お陰で、社会情勢や為替のことなど、いろんな仕組みが他の人とは違った視点で見ることができているように思います。

お金に余裕がなかったので仕方ないけど、大学院まで行っておきたかった。

ゼミの先生は都内でも有数のマネタリストだったので、6大学から先生を慕って大学院のゼミにインカレする人もいたくらいでしからね。

まあ、音楽に比べたらそこまで魅力がなかったということかな。

今回の選挙は、既得権益や汚職や寂れたイデオロギーの断末魔が生き残りをかけて戦ってくる選挙なのかもしれません。

ただ、残念ながら、もうそういう時代じゃない。

全世界の問題を共有できる時代だから

誰か知らないけど、時々声が聞こえるのですよ。もうそういう端ない問題を先送りしないで、と。
そう、21世紀にもなって、今さら何やっているんだということです。
まずは、日本が生まれ変わって、世界に示す時だと思います。

宗教、イデオロギー、民族、あらゆる壁を乗り越えてね
そういう意味では、国境の概念も従来で良いのか議論が必要となります。

昨日、さらっと、でも個人的には衝撃的ニュースがありました。
パレスチナ問題です。

日本は、アメリカを支持しなかった。
アメリカは世界の声をイスラエルに伝え、窘める義務があると思います。

北朝鮮やシリアに対する中国(中共)・ロシアの姿勢も同じ。

まあ、こんなことを話しだすとキリがないので、この辺でやめますが、
討論会を聞いていて、各党首の中で、具体的な議論ができていたのは、安倍さんと野田さんでした。
さすがは政権与党を経験した党ということになります。
ただ、あと一歩というか、画期的な具体案がなかった。

そういう意味では、知恵はないけど、国に対する想いを強く感じたのは、石原さんと鈴木さん。
従来型ではあるけども、真摯についていく優秀な官僚と組み合わされば、ある意味無敵でしょうね。
でも、足元を掬われないとも限らない。実際、ブレーンが竹中氏だしね。

あとは、どうなんでしょうね。意外と元気がなかった渡辺さん、舛添さん。
実績、実力のあるお二人とも思えないような、単調さでした。

他は、論外。

国民がどういう判断を下すか、興味津々と言ったところでしょうか。
posted by macky at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

スィング その後

ゴルフを初めて、もう10年、いや15年は経ったかな。
やっと、自分流のスィングが解ってきた。

スィングは、その時代、時代でトレンドが違う。もちろん、クラブの進化との関連性もある。
私が始めた時は、まさにメタル・キャビティ時代の幕開け。ボールは糸巻きからツーピースへ。

カーボンシャフトをプロが使い始めたころだったので、初心者の手には、お下がりのマッスルバックのマクレガーにスチールシャフトのドライバー。

ドライバーは250ccくらいが普通。「デカヘッドは下手くそが使うもの」という風潮もあったなぁ。

スィングも、ボディターンのレッド・ベターとビハインド・ザ・ボールのブッチ・ハーモン。
ノーマンに憧れていたので、ブッチ・ハーモンの記事をよく読んだ。
情報源といえば、雑誌だった。

で、世の中の仕組みが見えてくると、これらの情報が、整合性をバラして発信されていた。
だから、スィングもたどり着かない。だから、プロはすごい。ということになる。

今は、そう言った情報の壁が壊れたので、若い人でも、その人に合った正しい理論を、割と簡単に知ることができる。

雑誌が衰退していった原因でもある。

まあ、それはともかく。

スィングに入る前に、やって置かなければならないこと
・グリップ
・スタンス

グリップは、インターロックやオーバーラッピングがあるが、その人の感覚的な問題で、ストレスなく持てる持ち方がいいと思う。それよりもストロングかスクエアかを決めることが大事。私は、ストロング。
手が大きくて、リストが強ければ、スクエアでも構わないと思う。

スタンスは、逆KとYがある。
長年、ノーマンの影響で逆Kだったけど、今年からYに変更。

私の場合は、体も小さいし、運動能力は普通、いや普通以下かも。
だから、より大きな筋肉を使って飛ばしたいと思うようになったから。これも、ボディマップを始めてから。

理屈から言っても、動力が中心に近ければ近いほど、変速ギアの自転車と一緒で、より大きな遠心力を生む。
それとリストターンは、ヌンチャクと一緒で、軸が2つになるので、それだけ複雑な動きになる。だから、ストロンググリップで、手首の動きを抑える。

トップは、左サイドの筋力を活かすために、右肘のヒンジング、右手首は甲側へ折れる。
トップへ行く際は、軽くチンバックを行う。背骨の捻れを最小限度にするため。

ダウンは右人差し指の腹に感覚の全てを集中。

問題はここから

長年、フォローの出し方がしっくりいかなかった。
リコックも悪くなかったが、ボールを点で捕らえるイメージになり、事故も多い。

欲しいのは、シャフトで弾き飛ばすイメージ。指の腹で空に向かって押し出す感覚。
ホッケーのシュートのイメージといってもいいかな。
一見、フェイスが閉じていないように見えるが、体は前を向いているので、合理的に閉じている。
さすがに、シャフトの手前が体から離れるといけないけど、離れていなければ、フェイスは反っている。
つまり、リコックと同じ効果がある。リコックの意識がなくなるので、インパクトに集中でき、結果としてインパクトゾーンでフェイスをスクエアに保つ時間が長くなる。

最近は、3番ウッドが難しく感じていたが、このスィングだと、安心して振れるので、怖くなくなった。
以前も書いたけど問題は、ダウンで右肩が下がらないこと、アイアンはまだいいが、ウッドやドライバーは要注意。そういう意味では、シャフトを立てるイメージは重要だと思う。

逆に、ショートアイアンはシャンクが出やすくなる。インサイドから入るイメージとチンバックの際の目線が大事になってくる。

プロで参考になるのは、ミケルソンやソレンスタム(引退したけど)。

多分、これが自分にとってのベストスィングで最終型だと思う。
そういえば、ベストスコアを出した頃にも同じイメージがあったことを思い出す。
体重も8kgほど減って、それも関係すると思う。

まずは体調管理。そうすることで、安定した、自分のスィングを維持できるということだ。
楽器と一緒。マッピが6半に戻ったのも、そのせいかも(*´ω`*)。
posted by macky at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

話しぶり

ツィッターで、橋下さんの話しぶりを見ていると、やっぱり新自由主義者なのかなと。

地方分権は、国力を低下させると思うし。もともと、大阪が地方分権唱えてもねぇ。
東京(関東)から権力を奪還したいようにしか見えない。
それは、地方分権とは言わない。

経済理論は、今流行の方を後押ししていますが、ブレーンは竹中さん。
彼と縁を切らないければ、支持できないですね。
地方を不況のどん底に陥れた張本人ですから。
だから、自民党が票を失い、政権を失ったことを知るべき。

これで、小沢さんと手を組めば、まさに「悪の枢軸」

お金が回らないのは、労働者に正規の賃金を与えてないからですよ。
儲かっているところから、税金を取るといった、当たり前のことができていないからなんです。

儲かった企業は、税金を嫌がり、賃金を支払わず、年金と保険料をピンはねする。
厚生省と労働省に分けるべきだと思う。合理化と言って厚労省にしたけど、この20年間を見れば、失敗だったと判断すべき。
posted by macky at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

影響力

安倍さんのインフレ・ターゲット発言でにわかに株や為替が変動しましたね。
世界は彼の発言を重視した結果と言えます。

インフレ・ターゲットで国債の買取りによる金融緩和策
インフレだけが起こって、最後はスタグフレーション
歴史は繰り返されるのでしょうかね。

今の社会の問題は、国が企業をコントロールできないことに尽きると思うんですけどね。
社会性のない企業をバッサリ切り落とすくらいの覚悟がないと信用回復にはならないと思いますね。

公共機関の施設の改築などは賛成。
特に耐震構造に合致していない役場、学校、警察、消防の各施設。
その他、橋梁などのインフラ。
新基準を満たしていないところは急ピッチで改築すべき

地方なんて築40年以上の施設がザラ。
何とかして欲しいですね。

大震災が発生しても、取り掛からなかったことは国会議員の責任だと思いますよ。

個人的には、給与(最低賃金)の引き上げに関する義務化の仕組みを作ることが必要かと
労働市場というは、他の市場とは違うわけで、その事を社会の仕組みとして、しっかり取り入れることが大事です。
そういう意味では、昭和期の累進課税はよくできていたと思います。

元々、人口は少ないけど、これからいよいよ少なくなっていくわけで、海外との競争力をつけるのであれば、お金を集めなければならない

これまでの20年間は、生産性のない個人資産を狙うやり方が国の信頼を損ねたと言ってもいいと思います。
国際社会にマッチした税のあり方を根本的に見直すべき

企業が法人税を払いたくないのは、マッチしていないから
だったら、企業が納得する税金の仕組みを作ればいい

アマゾンのように、海外から日本人に対して収益を上げている企業からどうやって税金を取るか
日本企業が、将来にわたって安心して日本人の働くことのできる場を作れるようにしていくか
日本に貢献している外国人または在日外国人、及び海外企業の処遇

小さな政府は、自由だとかいうけど、日本人の感覚で言うと、無責任政府。
国民全てが、ガチガチの競争を望んでいるわけではない。
それを好む人は、そういった国へ移住すればいいと思いますね。

官僚へは、より一層の全体の奉仕者としての矜持、綱紀粛正を促すべき。
給与の引き下げは、モチベーションを下げ、地方にも影響が出ます。

本当のグローバルとは、妥協的グローバル化ではなく、古臭いナショナリズムでもなく、日本という国のアイデンティティの確立にあると思います。

スポーツを見習うと良いと思いますね。
野球、サッカー、水泳

今日、NHKで為末さんが言っていたけど、3年で区切る学校のシステムに影響されない分野が、オリンピックなどで結果を出したと。確かにそのとおりだと思います。
音楽もそうだけど、正直、部活は学校から切り離すべきだと思います。
そこで新たな教育産業も生まれてくる。
学校の先生に頼りすぎだと思いますね。

とまあ、脱線し始めたので、今回はこの辺で。
posted by macky at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

久しぶりに

どうしても、ドライバーのシャフトの硬さが気になって、山下さんのところへ。
手持ちのシャフトとのリシャフトをお願いした。

もう15年くらい前からのお付き合い。宮崎のクラフトの草分け。

いつも、預かりになるのだけど、すぐに作業に取り掛かってくれた。
お陰で今日、試打できた。

イメージどおり。

ただ、C7と言われていたとおり、少し軽い。
もう少し重くして、シャフトの弾きが効くようにすると、もうちょっと飛距離が伸びるかなぁ。

また相談に行こうと思う。
posted by macky at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェルカム

久しぶりに、若者たちとあって、気持ちいい時間を過ごしました。
結局、お昼寝モードだったけど 笑。

彼等の近況を聞いて、その成長ぶりが頼もしかった。

その一方、思いやりが足りない面があったのかなと反省。
気遣いが負担になることもあるわけです。

そういった点は、妻を見習いたい。

どうしても押し付けになる自分がいるからね。
ただ、基準というか、アベレージへのルートを示す案内役は必要だとも思います。

結果的に見晴らしのいい頂上が待っていることを伝えたい。

一人でも多くの方に、楽しく楽器を続けてもらえたらと思います。
posted by macky at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

興味のあったこと

一番興味があったのは、真紀子大臣の大学設置不認可問題。

準備が進んでいる大学の設置を、一転不認可したことが、大学側の行政訴訟にまで発展した事案だったけど。

ふーん、許可が降りる前に、建造物作ったり、生徒募集したりして、暴走しているのはどっちだろう。

国の行政許可が蔑ろになってきている、言わば無法化の傾向にある。
企業の暴走に歯止めがかかっていないことを表していると言える。

官僚と企業側が水面下で画策していることを示しているし、それをこのおばさんは世に知らしめた。

大臣のすべきことは、許可した上で、これを画策した担当官僚に対して、正規な手続を経ていない現状の把握管理不足を理由に分限処分。どうせ、すぐ解散になるだろうし、残りの任期も少ない。ぜひ断行、公表して欲しいな。
posted by macky at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする