ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2007年11月11日

どっちが大事?

急に寒くなって、本当に大変。
昨日まで半袖だったのに、いきなり冬って感じで。

さて、よく聞かれる問題ですが、アンブシュアが先か呼吸が先か。。。

答えはどちらも大事。

まずは、アンブシュア。
普段やらない口の形をするわけで、それが無意識のうちにできるようにしたいですよね。しかも、その人の歯並び等で180度違うアプローチがなりたつんですよね。

わたし自身、数年前から意図的なアプローチが完成の域に入って、今初めて呼吸の問題を詳細にチェックするようになりました。

でも、アンブシュアに疑問のない人は、最初から呼吸の問題を取り上げると思います。ただ、これまでの30年間、そういった類いの人に今まで数人しかお目にかかってません。

次に呼吸法。
その数少ない伝説の人からいただいた言葉に、今真剣に取り組んでます。

・「喉を開ける」とはどういうことなのか
・音を吹き続けると息が入っていかなくなる現象の解決法
・緊張と呼吸の関係

などなど、トロンボーン吹きに必要な呼吸法を展開できればと思ってます。
posted by macky at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック