ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2007年10月27日

呼吸@

ここにきて、やっとというか、遂にというか呼吸のお話しを使用と思います。

専門的なお話しは他のサイトに任せるとして、なぜ管楽器を吹くにあたって呼吸が大事と言われているのか?

それは
「呼吸の使い方で音のボキャブラリィが増える」
ことに尽きるのではないでしょうか?

つまり、表現の手段として、安定した供給の源になってるわけです。
「そんなの当たり前」って言う方がいらっしゃるかもしれませんが、案外ポップスはポップスのまんまだし、クラシックはクラシックのまんま、吹奏楽にいたってはどの表現にも属さない画一的演奏を目指してますよねぇ。

もちろん楽器の構造上、それしか得られないものってはあると思うんです。つまり、他の表現が極端に下手になってしまう。
例を挙げると、古いドイツ製のトロンボーンとかね。
ここで誤解して欲しくないのは、ドイツ製が悪いと言ってる訳じゃないんです。

このことは別の機会に触れるとして、ここで問題なのは呼吸。

正しい呼吸ってなんだと思いますか?

練習の現場とか行ってみると、呼吸の練習で逆に体が硬くなってがちがちの状態を作ってるのをよく見かけます。私自身若い時がそうでした。合唱の時はそんなことないのにね。

で、一番いい例が低音だと思うんです。
チューニングのBbから上の音にフレクシビリティを求めてマッピ選びをすると、中低音がスカッ、とかパスッとかなった経験ありませんか?しかも、本番や本番直前になってね。
もう最悪です。
つまり、これこそが悪い呼吸をしているからなんですね。

本番という特別の状態からくる緊張とストレスが原因なんですよね。
それを和らげるのも呼吸なんですね。

ですから、本番前に音のコントロールができない、て感じたら呼吸に集中するといいと思います。

これは生理学的にも証明されていて、ゴルフ、野球、サッカーでもよくTVとかで目にします。先日買った雑誌で藍ちゃんのお父さんも宣っておられました。

で、最初のお題ですが、表現の手段として呼吸を考えた時、そのジャンルのオーソリティの演奏を聴くのがいいんじゃないでしょうか?
できれば、その息遣いがわかるほどの、良いオーディオシステムでね。

つまり、呼吸って理屈じゃなくって感じるものなんですね。

今日のお奨めの1曲
Nancy by Bill Watrous
(もちろんシナトラも聴いてくださいね^^)

posted by macky at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62629756
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック