ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2007年07月22日

楽器選び(ヤマハ)

ご存じヤマハはわざわざ私が言う楽器じゃないですね^^。
私のクラシック用は8425Gにセイヤーを取り付けたもので、もう20年が経とうとしてます。このころから、ヤマハのカスタムモデルは格段の質の向上がみられ、操作性の良さでは世界随一かもしれません。だからだと思うんですが、スタジオ&ジャズプレイヤーに使用する方々が多く見受けられます。でも、未だにクラシックプレイヤーで長く使用している人は少ないですね。

現在のフラッグシップモデルの882シリーズは、響きが多い割には、音切れが良く、速いパッセージの反応もいいです。音色もナチュラルだし、いろんなジャンルで使える楽器だと思います。おそらく、スライドの質が向上したのだろうと思います。ワイドとナローの2種類でブラスとニケッルがありますので、いろいろ試して好みにあったものを選ぶといいと思います。

ところで、皆さんは知ってますか?ヤマハが世界有数の高価な楽器だということを!!超高級品なんですよ。だからというわけじゃないんですが、今度新しく購入するときも、多分ヤマハだと思います^^。

882シリーズとのベストマッチ・マウスピース
バック 〜 5G・4G
ヤマハ 〜 51C4・52
ストーク〜 5
posted by macky at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48885067
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック