ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2019年01月05日

出張レッスンで思うこと

最近はレッスンで伺って思うこと

去年母校に行っても感じたんですが、

楽器が酷い

前に書いた気もしますけど


吹奏楽の楽器がどの学校も先の国体以来
つまり、40年ほとんど変わってないということ。


全ての学校に行き渡らせるのは無理かもしれませんが、それにしても。。。


子供達のことを考えるとねぇ


学校は学校で、指導力のある先生が異動でいなくなると、楽器のメンテナンスも含めて全くできなくなりますし。


母校で、吹奏楽の顧問を続けていたという国語の先生なんですが、そういう人がいても、その年の修理代だけで30万とか。


ありえない


1年で追い出されたので、何とかしたかったんですけどねぇ。。予算請求までしたけど、結局できませんでした。


これでコンクールをフェアに戦うことは


無理


動かないスライドで練習?


いつの時代の話ですか???


修理の効かない楽器を調整してもどうにもなりません。


この事については、何か提案していきたいと思います。



posted by mackie at 08:42| Comment(0) | 吹奏楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事