ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2018年02月28日

最近

音楽のことばかりブログに書いているので

ちょっと一休み

あ、音楽やってるからあたりまえか。。。。


久しぶりに戯言ですので、


冬季オリンピックはあまりみない私が、今回はいつになく見る機会が多かったです。


何でかなぁ、と思ったところ

近い場所で開催されたので、寝不足にならずにすんだことや
メダルの期待がかかる選手が多かったこともあるんですが、



一番感じたのは



韓国の国民の気持ちが、本音が見えた大会だった



と思えたこと



政治や思想に翻弄されながらも、若い世代や韓国社会は、自分の国がどう思われているのか
どう思われたいのかをアピールできたんじゃないか


やっぱり、これだけ国と国との関係が悪化していて、かなりの人が日本代表に


成績よりも無事に帰ってきて欲しい

と思ったに違いないと思います。

でも、実際に始まってみると



びっくりするほどフェアな大会でした



そこから推察するに、本当の庶民の心は、政治家や報道によって歪められているんだなと

若いころ、中国に行ったときも感じました。

共産圏でありながら、地元の人達はいたって普通

むしろ温情な印象さえあったわけです

そういうことを考えると、


下手な情報に左右されずに


自分の五感、直感を磨いて


正しいかどうかはともかく、納得のできる判断をしていくこと



がいかに大事かということ



本当にいろいろと意義を見出せた平昌だっと思います。


やるな、ゆとり世代!!
posted by mackie at 08:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事