ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2018年02月23日

初見ができるようになるには

おはようございます♪


2月逃げ月、もう後半に入りましたね〜
みなさん、しっかり練習できてますか?

さて、今日は初見のお話



楽譜を渡されて、すぐに演奏する。または歌う。



憧れますよね♪


でも、個人差はあっても楽譜を読み続ければ



必ず身につきます


なので、まずは


諦めないこと



その上で、その時間をどうやって短縮するか



それは


カナをつけつこと



つまり


階名、音名で読みやすい方を楽譜に書き込んでいくわけです♪


まあ、学校の先生的には


NG


でしょうが、読めない漢字にフリガナをつけるのと一緒ですから


もっと言うとトロンボーンの方は


ポジションを書いちゃいましょう



先生の怒られそうなときは、自分用に楽譜を用意して書き込めばいいわけです。


そして、その楽譜を見ながら演奏するわけです


トロンボーンは動作が特に大きいわけで、楽譜の情報が目に入った瞬間にポジションへスライドを移動させなければなりなせんよね。なので、反射神経が大事になってきます。


早く読める人なんか気にしなくていいですよ♪


自分のペースで、でも少しずつ背伸びしながら


楽器の上達のコツでもあります♪



今日もよい一日を♪





posted by mackie at 08:19| Comment(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事