ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2018年01月30日

古い楽器におすすめ

全くの受け売りです。


古い楽器のスライドって現在のものより当然滑りが悪いんです。


まず構造が現在の設計とは違いますし、それに加えて経年変化による歪みは避けられません。


なので、それをある意味受け止めて、というより諦めて使ってたりします。

しかし、アマチュアの方の中には、飽くなき探究心から最適なスライドクリーム(またはオイル)の活用法を見つけ出して使用している方がいらっしゃいます。


ほんと、恐れ入ります。


私が今使用しているのは、



オーミックス(黒)とヘットマン



オーミックスをベースにヘットマンスプレーを使用しています。



ヘットマンの濃度は使いながら感覚的に足してます。



それまではヘットマンのみ使用して、妥協していたんですが、すぐに滑りが悪くなり、頻繁にスプレーしなければなりませんでした。


それでも、吹奏感がいいし、こまめにスプレーすれば済むことだからと諦めていたです。


しかしですよ


お馴染みのオーミックスを併用するだけで、この悩みが解消されたのです!!!


ほんと


トロンボーン愛好家の方々には頭が下がります。


最初はバックで試してストライクだったので、1969年製のオールズにも使用し、大満足です。


スライドワークの楽しさを満喫してます。


古い楽器を御持ちの方は、ぜひ試してみてください〜♪
posted by mackie at 19:29| Comment(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事