ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2018年01月26日

マウスピースの選び方@

ここからは自己責任で♪

マウスピース

多いときは100本くらい持ってました。

自分で購入したものもあるし、譲ってもらったものもあります。

でも最近は自分の使用するものは、ここ10年変わってません。
細管2本と太管2本。

細管は、ジャズやアルトで使用する11cと中細用の6HA(いずれも30年以上前のBACH製)
太管は、ドイツ系のものとアメリカ系のもの

で、ここに至るまでの経緯はいろいろあって、それは別の機会に書きます。


マウスピースというのは、金管楽器の操作を自由にするための重要なもの


なので


自分にとって


○口当たりのいいもの
○エアーの入りやすいもの
○タンギングが楽にできもの



を基本に選びます。


その上で

本番用と練習用

に分けます。


なぜかと言うと、


本番と練習では精神状態が違うから


もちろんん、メンタルがタフで「関係ないよ」という方もいらっしゃいます。


あくまでも、私の経験からですが、ゴルフなどでも同じ。パターは好き嫌いじゃなくて、入るかはいらないかで選んでます。

なので

好きなデザインで練習でも問題ない


けど


コースでは入らない

ってことが起こるのです。


マウスピースは唇と接するところなので、とてもデリケート。


本番用


をしっかり選ぶことが大事ですね。


今日はこの辺で


次は練習用について書きます。


今日もよい一日を♪



posted by mackie at 08:06| Comment(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事