ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2018年01月11日

意外とやっていないこと

おはようございます♪

この冬一番の寒さになりました!!
雪降ってないの宮崎市内くらいじゃない?

それでも橋の上とか凍ってる可能性があるので、自転車、バイク、車、そして歩行者の方も気をつけてくださいね〜


さて


管楽器奏者、特に金管楽器奏者が意外とやってないこと

それは





筋トレ





トロンボーンで2kgから3kg、この重さ。あまり実感しませんよね。
スーパーで売っているお米を持ってみるといいと思います。


結構重い


なので、楽器を持ち続けると身体にゆとりがなくなります。
自分の知る限り、トッププロの方は筋トレやってます。


逆に言うと、小学生を指導している先生方が注意しなければいけないのは、


楽器の重さを考慮した練習


練習に熱中するあまり、演奏のパフォーマンスが落ちていく原因がその辺にあったりします。
ただ、負荷をかけないと成長しないので、バランスを注意深くとって欲しいものです。

現在小学校3年生の子を診ていますが、日に日に成長し楽器を持つのに余裕が生まれました。
もちろん持ち方をきちんと診続けてあげないと、本人の心が折れます。

話が逸れましたが、



楽器を持つ余裕=演奏する余裕



に繋がるので


筋トレで体力をつけましょう



今日もよい一日を♪


※ワンポイント、ワンコインレッスン、1Dayレッスン、いつでもお待ちしてます♪
posted by mackie at 08:14| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事