ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2017年11月30日

吹奏楽で培ったもの

おはようございます♪

前回、私自身のベースがクラシックだと申し上げましたが、吹奏楽で得たものも少なくありません。

大学時代は本当に濃密でした。
そして、音楽隊での10年。

たくさんの吹奏楽オリジナルを演奏する機会に恵まれました。
M.グールド、Y.D.ルースト、ホルスト、コープランド、藤田先生、保科先生


数えだしたらキリがないですね

そして、素晴らしい編曲

吹奏楽でしか味わえない分野だと思います。

なので、指導者の方は生徒さんのためにも、ご自分のためにも編曲するべきだと思います。

そのバンドの強みを生かせるのですから

特にアレンジものは、演奏するバンドのその時代の特色を色濃く反映したものが多いので、他のバンドが演奏しても全くNGなときが多々あります。
その辺に手を加える、または省くといった作業を


怠ってはいけないです


と上から目線ですが

オリジナルは編成が揃わないと成り立たないけど、アレンジものはそのバンドの特色を反映させやすいのです。
マーチングでもそうですが、一般の楽譜をそのままで使わずに、必ず奏者のために手を加える習慣を身に着けると、一味もふた味も違ったオリジナルの風味が出て、

素晴らしいオンリーワンを築けるのですよ♪

自分が知っている吹奏楽の音楽的魅力って、そんな感じです。

今日も良い一日を♪
posted by mackie at 08:40| Comment(0) | 吹奏楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事