ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2017年08月31日

ウェッジ

おはようございます。
8月も終わりますね〜。

今日はいきなり趣味のゴルフのお話です。
最近の優勝しているプレイヤーのギアを見ていると、自分がまさに悩んでいたセッティングを実践されていたので、後押しされた気分です。

それはウェッジを3本入れると言うもの。
PWはともかく、PS、SW、LWを常に入れておくわけです。
でSWはバンスの効いたものにしています。全てブリヂストンで統一しました。
一番長く使っていたのはクリーブランドなんだけど、若いころ使用していたのがブリヂストン。
プリセプトっていうブランドだったかなぁ。とても相性が良かったんですね。
で、伊沢さんが全盛期の頃のウェッジを見つけて、これまた中古ではかなり状態が良かったので、PSとLWを揃えたわけです。多分、この辺は前回お話したと思います。

で、今月初め、何気にゴルパに行って物色したところ、なんとSWがあるじゃないですか!!
シャフトのフレックスに問題があったけど、リシャフトしても全然安い値段だったので(それでもかなり迷ったんですが)先週ゲットしました。

これでライに悩まずにアプローチできます。

今や世界的スター、松山選手が最近しているセッティングですね。
3番を抜いて、4番を少し飛ぶユーティリティにするというもの。
先週優勝した申ジエ選手も同じような感じのセッティングでした。

クラブが進化した分、距離を稼げるクラブが増えたので、ショートゲームが鍵になっているということなんでしょうね。
メンタル的にも100ヤード以内のミスって結構堪えます。

シャフトはかなり軽いんですが、むしろ現存のPSとLWのシャフトを軽くした方がいいような気がしてます。
それくらい今回のSWは相性が良いです。

でも2000円前後で、相当なスペックのクラブがゴロゴロしているゴルパって、楽しめる〜♪

掘り出し物を見つけた時の嬉しい感がたまらないですね〜♪

今日も一日よろしくお願い致します♪
ラベル:ゴルフ
posted by mackie at 07:22| Comment(0) | 趣味の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事