ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2017年08月30日

1年経ったら

おはようございます。

コンクールも終わって、中学高校だと1,2年生が中心になってきますね。
大学生も3年生または2年生が中心になってきます。
そんな中、初心者で入部してやっと楽器の操作や楽譜の読み方にも慣れてきたと思います。

基礎練習もある程度ルーティーンが決まってきていると思います。
それで、今一度見直して欲しいのが、マウスピース。

トロンボーンを含めた金管楽器の場合、唇が楽器の一部なのでマウスピースの相性で格段に上達度が変わります。
自分に合ったマウスピースを手にすることで、モチベーションも上がりますし、ひとつ上の練習に繋がります。

でも、安い代物ではないですね。値段に比例する訳ではありませんが、関係しているのは確か。
将来を目指すなら最初から高価なものを購入しても構いませんが、できるだけコスパを抑えたいですよね。
特に初級から中級の方々は、上級のモデルを使いかなせなかったりするので、そういう意味でも今後更に合ったものを手に入れることを見据えて、マウスピース選びを行ってもらいたいものです。

で、オススメを紹介します。
バックまたはXOの6ハーフと5GS。
まず、価格帯が1万円を切っています・
バックは精度がかなり上がってます。昔はスロートがずれているものもありました。
XOは、ウィリーズのOEMです。これはオススメです。
ウィリーズといえば、トップーアーティストとのコラボでオリジナリティ溢れるマウスピースを作り上げてきた素晴らしい実績のある会社で中込さんが丹精こめて作ってます。メイドインジャパンです。

もちろん、カスタムで素晴らしいマウスピースがラインナップしてますが、通常3万円前後。
それに対して、XOのマウスピースは、初級中級者にとってリーズナブルと言えます。
ぜひ試してみてくださいね。
【XO by Willie's】【エックスオー】【ウィリーズ】Trombone&Euphonium Mouthpiece【トロンボーンマウスピース】【ユーフォニアムマウスピース】【バストロンボーンマウスピース】
バック : 太管トロンボーンマウスピース #4〜6
今日も一日よろしく願いします!
posted by mackie at 07:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事