ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2017年08月26日

優先度

最近、気になるのがアンブシュア。
演奏を優先させてしまって、技術が行き詰まることがよくあります。

結局、思った演奏ができなくなる。
なんか矛盾してますよね。

だから、曲を競って仕上げるような時期ではない、所謂オフの時にしっかり基礎をやっておくことが大切。
野球のピッチャーが冬場に黙々と走り込みをするのと一緒です。
ゲームに入ってから、「冬場の走りこみが足りなかった」なんてことにならないようにしたいものです。

それで、
無理に吹くとアンブシュア優先になってしまいがちです。
もちろんいい音は欲しいけど、それが原因である所に力は入ってしまって、結局フレーズが吹けなくなる、なんてことも起こりえます。
いい音を優先しすぎて起こる症状です。基礎練の段階で気付かずに練習を続けると、実際の演奏に入って支障をきたすということになります。

結局、音も悪くなり、フレーズも作れないということになります。
トロンボーンの場合、構造が単純なだけにもろに現れます。

最終的に音楽をつくるための手段として演奏技術があるわけで、本末転倒にならないように気をつけたいものです。
posted by mackie at 09:58| Comment(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事