ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2017年06月09日

収穫

先日のバンドクリニックは、一応お仕事というかお手伝いだったのですが、収穫のほうが多かった一日でした。
それは、

天野先生の指導をバンドの一員として受けれたこと。
今の高校生の現状を知ることが出来たこと。
今年の課題曲を網羅できたこと。

天野先生ほどの方のご指導を受けるというのは、宮崎ではまずありえないことなので、そのこと自体がありがたいと思いました。
で、指導内容が自分が培ってきたものを証明してくださったような気がして嬉しかったです。
つまり、音楽の作り方がほぼ同じだったということ。ああ、この方は自分と同じ聴き方をされる方なんだと。
そうなると、彼のオリジナルの理解は割りと早くなります。

いいな、と感じる音楽や付き合ってきた音楽家の先生方が共通しいているということ。
岩井先生、三浦先生や仲田先生のお話がエピソードでてきて、ニューサウンズを手がけてらっしゃったりと、成程納得したしだいです。
何だかね、学生時代萩谷先生と鍵和田さんの間に座らせてもらってコパカバーナの録音を体験したことを思い出しました 笑。

ここ数年、吹奏楽と距離を置いていましたが、気が付いてみればコンクールがらみでのレッスンが増えてきて、今年はそういう年なんだろうなと、流れに身を任せながら、目の前の子ども達には真摯にレッスンして行きたいと思います。
posted by macky at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック