ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2016年10月23日

決戦に備え

今回はゴルフのお話。

環境の変化で接待?ゴルフが激減し、ほとんど練習場もコースも行かなくなった私ですが、
パターとウェッジの練習は自宅出てきるので毎日欠かさずやってます。
あとスィングチェックも。

マッスルバックからキャビティに変えて1年。

ラウンドはほとんどしてないけど、80台でまわれてるのでまあまあかと。
やっぱり、キャビティだと5打いや、7打は違うと思う。

30代前半から始めたゴルフ。当然マッスルバック使ってました。
でも、キャビティが出始めて、直道選手のモデルが一世を風靡してプロの間でも浸透しました。
40代になってPP737に出会ってから10年、マッスルバックを使用していたわけですが、
やっぱりショットの切れ味と言うか、うまく打てたときのピンに絡む時のシンクロ感は代えがたいものがあります。

それでも、スィングを見直して飛距離が戻ってきたこの時期に、一度でいいから70台を出したいという
思いが募って、ついにPP737とお別れしてキャビティを手にしたわけです。

練習場で練習してもあまり変化もないのでラウンドしたいのですが、お金と時間がない 泣笑。
ただ、ここ2.3年間違いなく言えるのは100ヤード以内のショットの精度とパターなんです。

ここで、あと5打以上縮めて70台に向けて頑張りたいなと思ってます。
posted by macky at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック