ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2016年08月25日

きっと

リオ。

今回ほど見入ったオリンピックはなかったです。
日本が活躍してくれたこともあるんですけど、大会をとおして垣間見えたリオの実態や
ドーピング問題から見えるオリンピック事業の限界。

それでも一身に競技するオリンピアンの挑戦は、様々な問題や壁へ挑戦することは決して無駄ではない、
というメッセージだったと感じました。

もともとオリンピックってそういうものなんだろうけど、それを実現できる人もいれば実現できない人もいる。
それでも、目標を目指さなければ、その舞台に立つことさえできない。

銃を乱射して、刃物を持って切りつけほくそ笑み、ミサイルを発射して馬鹿騒ぎしているのとどっちが楽しいのか。

もちろん、オリンピックがウザいと思ってる方々が存在するのも事実。
まあ、人それぞれということになるんでしょうけどね。
どっちに未来があるのか、と言われたら、ほとんどの方が銃を持たない方を選ぶと思う。

そんな簡単なことを、できないでいることが残念で仕方ないですね。
でも、なんとかなるんじゃないかと、今回のオリンピアンの活躍を見てそう思いました。

若い人達のエネルギーってすごいなぁと。あぁ。20年前、30年前、自分もそうだったのかな。
と。思いつつ、触発されたっていうか、月並みですが元気をいただきました。

まだまだやりたいこと増殖してます。
posted by macky at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441333012
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック