ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2016年06月10日

最近の楽器事情

先日のトロンボーンフェスティバルで、各メーカーさんの楽器やマッピを試せたので、機会があったら報告しようと思ってました。

今回は各メーカーさん気合が入っていて、質の良い楽器が目白押し。
そんな中で気になったものを紹介します。

まずはバック。
やっぱりバック。セイヤーからAFになってさらに良い感じ。
そしてアルチザン!
バックのアルチザンなんて、宮崎でまずお目にかかれません。
それを2本も!!
吹奏感や音もさすがの安定度。

次にコルトワ
ドイツ工場になって、遠のくファンもいるみたいですが、
ライトウエイトは反応もよく、オールマイティに使えそうな楽器でした。
M女史、odagiriニャンとの相性が抜群だったみたいで即購入。

個人的に気になっていたXO
その質はとても高く、中込氏OEMのマッピも高評価です。
学生さんにお勧め。Fバルブは好みがあると思うけど、どれも問題ないです。
吹奏感としては、バックとコルトワライトモデルの間くらい。

そして、細管でストライクだったのがXOのフェド・モデル!!
日本のトップスタジオミュージシャンも結構使用しているみたいだったので、とても気になってました。
反応がよく、何でもできそうな気分になります。
XOの細管は、アメリカXOの独自開発らしく、その質はアメリカミュージシャンのフィード
バックから得たものということでした。そういえば、この間のハンターもXOを使用していました。

ヤマハのアンディのモデルも良かったけど、他のメーカーさんも進化してる感じを受けました。

他にもDACさん一押しの清水女史モデル(K&H)やストンビ、懐かしいU・ホークト。
了悟くんはホークトモデルがストライクだったみたい。

マッピもウィリーズとアイルリッヒの各社長が自ら製品を持ち込んで、ガチ勝負!
とても熱気のあるものになりました。各々、確固たる持論をお持ちで、その愛情と情熱溢れる商品は、もう職人さんの「作品」と呼べる域のもので、きっとプレイヤーの満足できる逸品が、その中にあると感じました。

自分的には、最近はビンテージに凝る傾向にあって、新しい楽器にあまり興味がなくなっていたんですが、
楽器って本当に進化してるんだなぁと実感。音楽の幅を広げる意味でも、奏法的な負担は減らしたいですもんね。

また新たしい楽器に興味が湧いてきました。
posted by macky at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック