ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2016年05月06日

第11回宮崎トロンボーンフェスティバルinのべおか

無事、終了しました。

あっという間の1日でした。

トロンボーン三昧の一日。

学生さんを含め地方に住んでいる私たちにとっては貴重な体験。それができるようになって11年。まさに継続は力なりです。

当日だけのお手伝いは、前回同様ホワイエを担当させていただきました。

そんな中で今回一番楽しみにしていること、それは了悟君との再会。

彼が高校を卒業してあっという間の4年間。彼は、大学時代に培った音楽を彼の仲間と共に披露してくれました。

これまでにあったことや、これからのこと。たくさん話してくれました。夢や希望を諦めることなく真摯に向き合って、本当に素晴らしい若者に成長してくれたなぁと実感しています。

それは彼の回りの音楽仲間をみても感じ取れたことです。本当に素晴らしいメンバーが集まっていました。

ところでフェスティバル自体は、震災直後の影響は避けられない状況のなか、松原先生のもとで若い力が中心になって乗り切った感じです。住吉君のリーダーシップはさすがだった。

イベントそのものの印象は関わっている側なのでコメントを避けたいと思います。
ただ、旧友や後輩が息子さんや学生を連れてきてくれて、またその繋がりで、かつての自分の生徒さんやご家族に再会できたなかで、とても満足していただけたのではないかと感じた次第です。

各楽器店さんも質のいい楽器を揃えてくれて、今買わないと勿体ないという商品ばかりでした。

震災後、松原先生も開催するかどうか相当悩まれたようで、開催するとして計画を大幅に見直したり腐心されたと思います。
当日も余震が延岡まで届くなど、一時中断もあったのですが無事終えて安堵されてました。

前夜祭や打ち上げには参加できませんでしたが、きっと美味しいお酒をスタッフの皆さんと満喫されたと思います。

トロンボーン吹きだけでなく、もっとたくさんの方々に演奏だけでも聴いていただきたいなと思った次第です。
posted by macky at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック