ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2016年04月30日

新兵器

今年中の目標のひとつにゴルフスコア70台というのがあります。

スイングスキルが上がってないとできないスコアだし、コースマネージメントも大事になってきます。

なので、これまで相性のよかったコースで目指すのがベターなんでしょうが、クラブも絶大な信頼がないと実現できないでしょう。

そういう意味では、3年間試行錯誤したドライバーもエースといえるものが見つかり、長年愛用していたPP737とも別れを告げて、PRGRのDATA601に変更。これは737に負けない素晴らしい作りでした。さすが三浦技研!!。もちろん、いきなりコースデビューで結果を出してくれました。

そして、ボールも久しぶりにBSに。今のトレンドはタイトリストにスリクソンですが、一番練習していた30歳台のころジャンボや二人のニックの活躍でBS全盛。相性としてはこちらの方が良いですね。

そしてウェッジ。
これまた20年近く愛用していた588とついにお別れすることに。
当時人気が出始めていたこのウェッジは、実はあまり相性が良くなく見栄で使っていたところもあって、大きな失敗を招いていたんです。

それでも良い思い出も沢山あって手放せないでいたんですが、先日もバンカーでやらかしたので、ローバンスのものを探すことにしました。もともとローバンス派なんです。

当時のウェッジに今のような選択肢はあまりなく、クラフトでバンスを削ってもらうしかなかった時代だったのですが、たまたま最初に手にしたのがウィルソンのGWで、イエローブラスのフェイスがお気に入りでした。今思うと手放さなければよかった。

で、新兵器を導入するにあたりネットで物色していたところ、BSで良いのを見つけました!伊沢選手が全盛のころのモデルです。BSのデザインはジャンボの時代から好きですね。

ウェッジ選びのポイントについてノーマンはyoutubeで、ローバンスかハイバンスかでスィングが変わってくると言ってました。逆に言うと、自分のスィングにあったバンスがあるということです。ここを間違えるとバンカーやアプローチは上達しないことになります。

人気があるとはいえ、苦手なクラブを使ってきたわけです。この辺りは楽器選びも同じですね。自分に合ったもの、オンリーワンを見つけることです。

まあ、ゴルフは唯一の趣味なので、人気のあるクラブを使う楽しみもあります。

自分の良い部分を引き出してくれるクラブや楽器に出会えるという楽しみも、ゴルフや音楽を楽しむ方法のひとつじゃないかなぁと思います。



posted by macky at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック