ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2016年03月20日

桜の季節

先日はとある送別会。4時間エンドレスでした。昨日は、トロンボーンの生徒さんのお子さんが神戸のエリート校に見事合格したので、ちょっとしたお祝いを。ちなみにF中で後輩です(= ̄▽ ̄=)V 。入学時には高1の課程を終えてなくてはならないそうです。でも、彼はその先に壮大な夢を持っているらしく、きっとクリアしてくでしょう。そして夢を是非実現してほしいと思います。

そんな中で、学生時代のことを思い出し、高校時代たまたま地理の代理授業で来られた杉尾先生のお話を思い出して、彼のことを話したら、トランペットの生徒さんが「私の親戚です」と仰った。いやいや世間は狭いものです。

先生は受験を控えた私達に「受験戦争とかいってるが、実際に戦争で死ぬわけじゃないし、兵役があるわけでもない。むしろ若い時にそれくらいのことをやっておかなければ人生を全うすることできない」と持論を熱く語った思い出。。

彼とは縁があって、その後警察拝命前の1年間農業高校で臨時教員として採用されたとき、配属された図書館の管理でご一緒させていただいて、それはそれはお世話になったのでした。

そんな話をしていたら、前出のトロンボーンの生徒さんが、「私も高校時代習った記憶があります」と、やっぱりインパクトの強い先生って記憶に残っていて、それが生きていく上で何かの助けになっているんだとつくづく思った次第です。

今日は奥さんと一緒に、ヤマハの新製品refaceをリサーチに鹿児島へ行った後、甥の大学卒業と就職祝いを兼ねて家族で食事会。

桜の花も産いて、そういう季節を久しぶりに肌で感じています。
posted by macky at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック