ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2015年07月14日

ついにというか、やっとというか

Windows7導入です。
中古で買ったにもかかわらず7年間も使った、いや使い倒したThinkPadも限界に近づき、買い替えを迫られてすでに1年が過ぎたんですが、やっとというか満を持して導入です。

ノートにするか、デスクトップにするか悩みましたが、結局TV一体型にしました。
もちろん中古です。22型なんですが、一体型なので場所をあまり取らないし、我が家はTVがないので、ちょうど空いていたTVラックに収まりました。

残念ながらTVは見ることができません。
でも、スペック的には十分すぎるもので、本当にこの値段でいいの?っていう金額でした。
画像も綺麗だし、YOutubeなんか最高!サクサクです。

で、最大の問題はDTM。
当初は、従来のノートブックを専用マシンにしようと思っていたのですが、やっぱりサクサク仕事したいじゃないですか。
Win7にEncoreはインストールできないものかと。
やってみたら、案外あっさりできちゃいました。95のころから使用しているので、20年使い続けたことになります。で、7で使えるので、さらに更新間違いなし。
Fontのバグとか相変わらずなんですが、それは仕方ないと諦めてます。
パスポート社も復活して7対応のEncoreを出してるみたい(その前はVox社が再現してましたね)なんだけど、なかなか購入するにはハードルが高いのです。

で、例によってFontが入らないので、Anastasia TTFをネット上から探します。
今回はちょっと苦労しました。スコア用のものがなかなか見つからなくて。
でも、何とか見つけることができました。

次はなんといってもmidi音源。
Win7はmidiを対象外にしており、一応GM音源があるのだけど、ひどくて聴けたもんじゃないので、何か手はないかと、ネットでググって見ると、ありました!!
強者っていますよねぇ。

で、一番いいと思ったのがこのサイトの4VirtualMIDISynth。
http://coolsoft.altervista.org/en/virtualmidisynth#download
日本語対応です。
これだけだと、音が出ないので、代表的な音源のサイトはこちら
http://ocmnet.com/saxguru/Timidity.htm#sf2
ここのTimGM6mb.sf2をDLして、VirtualMIDISynthに読み込ませれば、Encoreが認識してくれます。
XGとまではいかないまでも、かなりまともな音になりました。

これで、しばらくは安心して作・編曲できます。
興味のある方は試してみてくださいね。
posted by macky at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック