ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2015年07月06日

クラブ事情

なんだか怪しい表題ですが、笑。
ゴルフの話です。

事故の後遺症も少し良くなり、去年達成できなかった。80を切るという目標にも少しずつ近づいてきている今日この頃ですが、セッティングは相変わらず旧式といううか、ゴルフを始めた20代の頃から変わっていません。

なので、今時のクラブからするとアイアンは1〜2クラブ飛びません。
ゴルフって飛距離が出るというのは、間違いなくアドバンテージなのですが、相変わらずなのです。

理由はいくつかありますが、一番のアイアンのデザインに気に入ったものがないからですかね。
あと、材質が今一つというか、当時のホンマを越えるのはなかなか難しいと思います。

その代わり、ドライバーはしょっちゅう変えています。年齢と共に振れなくなってきているし、それに伴い距離も落ちてきました。それを道具で補うわけです。
やっぱりドライバーは飛ばしてなんぼだと思いますし、その上でのコントロールだと思います。

ドライバーって金管楽器でいうとマウスピース選びににてます。
自分にあったものを見つけたときは、本当にラウンドが楽しいし、スコアも纏まりますね。

そんなんで、去年からスイングも見直して、飛距離と安定感が増したのは、よかったかなと思ってます。

ドライバーだけが、あまりにも悪かったので、シャフトとヘッドのスペックを見直して、いろいろ試した結果1年がかりでようやくたどり着きました。

シャフトは元調子から先調子へ、ヘッドはコブラからピンへ変更。
現在のスイングにマッチしていて、かなりいい感じです。
最近は、中古市場が充実しているので、庶民でもこういった楽しみ方ができるようになったということですね。

シャフトは、冬や雨用にR。夏用にSと使い分けれるように揃えました。
同じものがOEMながら、1900円で出ていたので即決でした。

しばらくは、というか向こう10年間は、このままでいけそうです。
posted by macky at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック