ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2014年11月23日

コンクール

吹奏楽といえば、コンクール。ですね。

以前にも書きましたが、私自身コンクールを本格的に経験したのは大学だけです。

中学校、高校と部活動に吹奏楽というサークルがなく、3年生の部に昇格した時のみ経験していまして、賞を云々する状態ではありませんでした。

なので、所謂コンクールーバンドの存在も知りませんでしたし、興味もありませんでした。

だから、大学時代はとても貴重な経験をしたと思っています。その経験をもとに、この約30年間、コンクールで良い成績をとりたいと依頼のあった学校やバンドに、指導をしてきました。

コンクールの場合、審査競技なので当然規準があり、その規準を満たしてはじめて賞の対象となります。

したがって、どんなに良い音楽解釈があっても、その規準をクリアしないと賞には届きません。

まあ、なかにはその規準が解っていないで審査されている先生方もいまだに見受けられるのですが。

実際、その規準に向けた練習をきちんとしてきたバンドは、良い結果を得ています。
中学生くらいまでだと、それを徹底したら全国大会へいく可能性がかなり高くなります。

しかし、高校や大学、一般(成人)の部で全国大会となると、プラスアルファが必要になってきます。

そして、それを実現するには、時間と費用がかかってきます。なので、経験がないとなかなかそれを理解し、実践することは困難です。

30年近く経ちますが、宮崎大学が全国大会へ抜けたことがありました。当時の彼らは優秀だったし、条件が満たされたから全国大会への切符を手に入れたんだと思います。

コンクールに良い印象のない方も少なくないと思いますが、所謂規準を満たすことは、バンドとしても個人としても、その演奏力の優秀さを示すものに間違いはありません。

だから、全国大会などで金賞をとったとしても、そこで完成ではなく、そこから先があると思ってほしいですね。

そして、そこから先があるから、私達は、楽器や歌の技術を磨き、音楽を高める為の努力を惜しんではいけないのだと思います。
posted by macky at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409414241
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック