ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2014年10月22日

ひきつづき

ゴルフネタです。

20年ほど前のパターを復活させました。
パターは、最初からマレット型。L字とバランスの二種類です。

途中、ピンタイプを使っていた時期もあったんですが、結局マレットが残りました。

そういえば、先日日本オープンで優勝した池田選手もバランス型のマレットを使用していましたね。

ミケルソンや遼君が愛用していたオデッセイのL字が、現在のエースパターなんですが、バランス型を使ってみたくなって、昔愛用していたものを引っ張り出しました。

ゴルフを初めてから、初めてハーフ39をだした思い出のパターです。

パター職人のタッド・モアが、マックスフライブランドから出していたころの作品でT-bone と言います。トロンボニストの私にぴったりでしょ?

もっとも彼は、ケーキからこのパターを思いついたらしく、トロンボーンとはなんの関係もありません 笑。

で、まずは33インチにカットしてスーパーグリップ(オレンジ)にリグリップ。

これで一度ラウンドして試したけど、今のボールは弾きが良いのか、回転が安定せずバーディチャンスをことごとく外しました。

やっぱり古いパターは難しいかなと、フェイスのリーミングが少ないからかなって諦めて、数ヵ月放置してたんです。

で先週になって、「あ、自分でリーミング入れればいいじゃん」と思いつき、早速球面ヤスリを何度かあてて、試したところ、別物のようにボールの転がりがいいじゃないですか!。

いやいや、エースパターに勝るとも劣らない旧友の復活。ドライバーと合わせて、次回の薄暮が本当に楽しみです。
posted by macky at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック