ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2014年10月21日

久しぶりに

誕生日プレゼントでゴルフギアをゲットしました。

実は去年も嫁さんからドライバーをプレゼントしてもらったんだけど、すぐにおかしくなって知り合いのクラフトショップで相談したら、ヘッドが割れてるかもと言われて、いろいろ試したけど結局お蔵入り。

とても良いドライバーで2ラウンド目で
ハーフ40の80台が出て、これで暫くはゴルフギアを買うことはないと思っていたのに、結局もとのドライバーで迷走した一年間でした。

で、すでに一本いいのを見つけて、そのままで使い続けてもよかったんだけど、高反発だし、少し軽い気もするので、もう少し歳をとってから使おうかなと思って、探していました。

これで誕生日プレゼントは二年連続ドライバー 笑。

とても新品を買う余裕はないので中古です。でも正直中古で充分だと思ってます。
本当に質の良いものが、数年で一万円を切る時代なので、アマチュアの趣味レベルでは充分過ぎるのです。

今回、目をつけたのはピンというメーカー。あの大山志保選手が専属契約しているクラブで、若手プロも結構使用してますね。海外だとババ・ワトソンやオチョワ。ちなみに大山選手が使い始めた理由は、オチョワがものすごく飛ばすのを見て決めたらしいです。

で、お手頃価格の中古で、3つほど候補を選出。G10、G20、ラプチャーの三機種の中からラプチャーに決定。
これまでコブラだったので、正反対とも言えるスペックです。

シャフトも元調子から先調子へ。
ブロローンチブルーの65R。
振動係数254、トルク3.2。
USモデルなのでRで充分かなと。

ヘッドカバーは、水洗いして、表面を落とします。

誕生日には少し早かったけど、休みに合わせて到着。早速練習してきました。

320g以上なので心配だったけど、振り抜きは良い感じ。実際に打ってみると、ヘッドの食い付きがいい。インパクトの時間が長くボールを乗せてる感触が気持ち良いです。

叩けば高弾道のフェード、振り抜けば中弾道のドローと打ち分けもコブラより分かりやすいです。これはシャフトの恩恵かも。先調子は初めてだったけと、悪くないです。

ロフト9度でも球が上がるのは、やはりシャフトかな。トルクが少ないので、大きく外れることもないし、球筋が良いので本球はもっと飛んでくれそうな予感がします。

まずは薄暮で試します。
posted by macky at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407471973
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック