ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2007年02月11日

久しぶりの優勝

本当に久しぶりだった。スコアはたいしたことないけど、ベストグローも取れたし、練習の成果は出たね。思ったショットか打てると楽しいよ。まあ、そういう意味では当たり障りのないショットの連続であがってみれば・・と言った感じの行き当たりばったり的な結果だったけど。

本格的に練習を再開して2ヶ月、クラブも一新して初コンペだったから、距離の感じもつかめないままのスタートだった。前半は確かめるようにショットしたけど、だんだん感じがつかめるようになって、後半はまあまあのできだった。

これからは全盛期のスコアを上回ること。当然70台を目指しますよ!健康のためにも打ちっ放しが良いことがわかったし、体調も良いしね。

で、コンペの後の初練習で、唯一不安材料で持って行かなかったおニューのドライバー試したんだけど、その前にビックリしたのがショートアイアンの飛距離。10ヤードは伸びたんだよね。
もちろん、ライ角もロフトのいじってない。普通のセッティングなんだけど、本当にビックリした。こんなことあるんだね。

多分スィングのコツみたいなのを覚えてから体にしみこんできたからだと思うんだけど、本当に嬉しい。
問題はそのドライバー。ちょっと期待しつつスィングしてみたら、やっぱり捕まりが良いんだ。でもどうしても右に吹け気味。
ちょっと考えて、そういえばグリップを交換した時、ちゃんとくっつく前に練習してグリップが伸びていたことを思い出して、ちょっと短めに・・というか、シャフトをしっかりと感じれるところでグリップしてみて試してみると、初めてしっかり捕まえましたよ。

新しいドライバーを買おうかなぁ・・って思ってたんだけど、なんとかいけそう。もしどうしても換えるとしたらシャフトかな。
タイトリスト905Sは顔が良いからね。アルディラNVの85なんて超ヘビースペックを打ちこなす満足感もそう長く続かない歳だし、しばらくはアイアン同様チャレンジしてみようと思う。
現在のクラブスペック
ドライバー   タイトリスト905S アルディラNV85
ウッド     ソナーテック13°  オリジナルS
ユーティリティ テーラーメードバーナー18° DG-S300
        キングコブラバフラー18°  NS950S
アイアン    PP737          DG-S400
ウェッジ    クリーブランド588 56°& 60°
パター     オデッセイXG #9 33inch

    
タグ:ゴルフ
posted by macky at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33400826
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック