ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2012年11月11日

一眼レフ

最近、ミラーレス一眼レフが流行ってきて、各メーカーのラインナップが出揃った感があったので、近所にオープンしたヤマダ電機で拝んできました。

どのメーカーもカラフルでデザインもレベルが高く、目移りしまくり。
で、一番興味のあったNikonを発見!
以前も書きましたが、これまでネット上で見た感が一番良かったのだけど、実物は今ひとつ。
薄すぎた。

オリンパスもニコンに近い感じ。それに対して、程よい暑さなのが、ソニー、キャノン、パナ。
ソニーはカラーリングがいい。キャノンはさすがNo,1のバランス感覚。

でも、一番いい感じだったのが、パナ。グリップデザインや黒が綺麗だった。
ミニデジでもライカレンズを使用するなど、評価の高いパナブランド。
実は、ビデオカメラでも映像精度の評価が高く、実績がある。
パナというと家電のイメージが強いですけどね。

ボタンの位置などは、ミラーレスといったコンパクトなボディなので、ほとんど共通。
これは、逆にその方がいいと思った。各メーカーの互換性があった方が、メーカー別でボディを選びやすいから。

ボタンの操作性の良さを感じたのも、ソニー、キャノン、パナ。
後は、好みになるけど、キャノンとパナの2台を目的別で使用するのがいいかなぁ。

老後が楽しみになってきました〜。
posted by macky at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック