ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2012年11月04日

スィング

この1年で体重が6キロ以上堕ちたのもあって、体のキレが少し戻り、ゴルフスィングのイメージもイイ感じになってきた。

もともと、ボティターン全盛の時代にゴルフを始めたので、腕の振りを重視するよりスィングアークを大きくすることが大事だったのにリコックをやってみたり、ボールを点で捕らえることに重点を置いて、ゴルフを難しくしていた。

単純に、ボールを弾き飛ばすのにはクラブのヘッドは開いて閉じる動作をする。
だから、両手を使って開いて閉じようとする。しかし、体を捻るのでそれだけで、ヘッドを正面に構えていれば、ヘッドは開いて閉じる。
で、パワーを最大にするには、この2つの組み合せを有効に使うこと。

と、ここまでは定石。問題は上からの見え方。野球のように向かってくるボールを打つわけではなく、止まったボールを打つのでトップまでは慎重にクラブを引くことができる。
従って、体の捻転と腕を開いて、クラブをトップに持っていく。腕を開く基準は右腕のヒンジングが基準。
私の場合、ヒンジング始まる時、上から見えるヘッドの開き具合が約45度。

後、体を捻ってトップまで持って行く際、出来れば背骨は捻りたくない。だから、右股関節が重要になる。
それと、ボールを注視するあまり、必要以上に首が捻れている。これも最小限度に抑えたいので、軽く右を向きながら目線を残す。所謂チン・バックを行うことで、背骨や首の捻れを最小限度に抑えたほうが、筋肉の伸びというか収まりがよく、気持よくトップをつくることができる。チン・バックは顎の向きを意味するけど、目線が左絵の流し目というか、鼻が右を向くイメージの方が、私の場合はうまくいくようだ。

問題は、インパクトからフォローにかけてどういうイメージかということ。
普通に腕を振ってヘッドが閉じるイメージをすると、体は回っていて、すでにインパクトの瞬間にヘッドが閉じてしまっているので、フェイスとボールの密着している時間が短く、インパクトゾーンでスクエアな状態が保てない。フェイスの上をボールが滑る感じになるので、カット打ちと同じようになる。

これはロングアイアンやフェアウェイウッド、ドライバーで顕著に現れる。
だから、同じ打ち方をすると、ショートアインでは、ストレートかドロー。ロングアイアンやウッドはフェードになる。

だから、視線からは、インパクトで開いたイメージ。ロングアイアン、ウッドになればなるほど開くイメージで打てばドローになっていく。ボールがフェイスに乗っている時間を長くする訳だ。

後は、スクエア(インパクトゾーン)を保つイメージで腕を振り上げる。
何故なら、体は打球の飛ぶ方向を向くので、自然とヘッドは閉じていくから。
つまり、しっかり前を向けば、十分にヘッドは閉じる。その分、腕の振りに余裕ができるので、球筋をコントロールできるようなる。
上級者が「ゆっくり振れ」と言うのは、こういった理由からだと思う。

インパクト時のヘッドの開き具合はクラブが大きくなるにつれて開くイメージだけど、気をつけなければいけないのは、開いてインパクトを迎える際、大きいクラブほど、右肩が下がる。下からすくい上げるイメージが湧いていくからだと思う。
だから、左サイドを意識するか、右手が上から入る(所謂クラブを立てる)イメージが必要になる。

こうすることで、右手の人差指の腹でインパクトを感じて、気持よくボールを飛ばす事ができる。
2番アイアンでドローボールを放つ気持ちよさは格別。

やっと、スィングが決まってきた。今のスペックだと、やはりドライバーのシャフトが硬い。
それまで、長年使ってきたのがLowkickだったのに、今のシャフトは、Highkickだったりするし。

ドライバーのシャフト交換という早急の課題が見えてきた。
posted by macky at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300331105
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック