ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2012年04月10日

少しだけ

経済の話を少々。

消費税の議論が待てないところまで来ているらしい。でも、どうやら政局の餌になっている。

消費税を反対する人達は、その根拠と消費税を現状にして行う対案が全く示されていない。

橋下氏は、消費税の前に官僚制度の見直し、統治機構の改革を訴えている。
これは、ある程度、的を射ている。政治家の中では一番具体的に政策を述べている。

これは、車で考えてみると良い。
消費税は、ガソリン。統治機構はエンジン。

燃費の悪いエンジンにガソリンを注ぐ時代じゃないと言っているのが、橋下氏。
それに対して、燃費の良いエンジンを作る前にガス欠を起こすから、給油が必要だと言っているのが池田氏。

著名人のブログを見ていて思うのは、誰一人具体的な景気対策を述べていないところ。
大事だとは言っているが、じゃあどうのようにして、というのがない。
地方の景気対策を、国策として真剣に考えることが第1なのに、何の方策もない。

景気が良くなれば、消費税率を上げなくても税収は上がる。
景気が良くなるには、健全な競争が大事。
そのためには公正なルール(規制)が必要になる。
竹中さんがつくったラットレースのルールを壊す必要がある。

公正なルールを作り、厳格にジャッジして貰いたいのである。
その役目が官僚。
規制緩和という甘い汁は、金持ちや一部のインテリジェンスの為にしか働かない。
ホールディングスは、労働者を奴隷化する。

良いスポーツ(経済)は、ルール(規制)が優れている。
そして良いプレイ(経済活動)は、良いジャッジ(行政チェック)の中で生まれる。
弱者の為に公務は必要なのである。決して、政治家や経済人の犬になっていけない。

つまり、景気が悪いのは、公正なルールが壊れた為。
例えば、夜の街のルールは暴力団が作っていた。
警察が、暴力団を根絶やしにしたことで、一見、健全な街を取り戻したように思えるが、夜の街を質の悪い呑み客やチンピラが横行し、店の質も落ちていった。
暴力団を肯定する気はないが、これが現実なのである。

新しい時代に合った公正なルール作りが地方経済を活性化させるのである。
経産省の大臣誰だったっけ?
問題山積なのは解るけど、画期的な指針を示して欲しいな。d
posted by macky at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263532107
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック