ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2011年06月19日

開眼

と言っても実はゴルフの話。

最近、加齢に伴う体力の低下で、使ってきたクラブが今までのスィングでは思ったように使いこなせなくなった。

それでも、少なくとも50代半ばまでは、このセッティングを使いこなしたいと思い、スィングそのものを変える試みを行い、試行錯誤してきた。

もうかれこれ3年くらいになり、もうクラブ変えないとダメかなぁ、、なんて思っていたのだけど、最近、リコックなるものを知って試してみることに。

昔、尾崎選手に憧れていた頃、リコックという言葉はなかったけど、「左親指方向にクラブが行く」と言う表現を使って、飛ばすフォローを説明していたのを思い出し、再度チャレンジしてみることに。

リコックはリストの強い人は、自然とできているのだろうけど、体力的に普通の私には無理なので、肘を使うことに、イメージはT.レーマン。

早速、ショートアイアンは効果が出て、飛距離が戻った。あっさり実現して怖いくらい。
で、問題はロングアイアンやウッド。どうしても引っ掛けてしまう。

で、思い切って真上に上げる感じでフォローを意識したところ、やっとボールが捕まっていい感じで飛んでいった。球筋も悪くない。

久しぶりに快適なスィングだった。ウッドは今ひとつだけど、これはシャフトのせいかなと勝手に思っている。ゆっくりめに振れば、いい感じで飛んでいった。

追い風参考だけど、ドライバーも久々ネット直出来できたし、この感触が定着するまで、あとは練習あるのみだね。







posted by macky at 09:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもそうして前に向かって進む姿勢は見習いたいと思っています^-^ 素敵ですね。
Posted by cooozooo at 2011年06月19日 22:42
興味は尽きることがないですね。

時々、へこたれますが(*´∀`*)

cooozoooサンに、そう言っていただけると、すぐ元気になるお調子者でもあります。

日曜日に、再度確認のために練習してきたんですが、下半身がスエー(揺れる)こと以外は、イメージ通りでした。

久々、ラウンドしたくなりました(#^.^#)

いつも、ありがとうございます(^^)
Posted by macky@管理人 at 2011年06月20日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック