ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2010年11月08日

マッピ選び〜アトリエモモ

このところ、クラシック用のマッピを物色していたけど、所属している団体に合わせて、遂に購入を決めた。

アトリエモモの50番

オケの場合、どうしても音色が重視される。
時には自由度に目を瞑っても
でも、より安定性があるにこしたことはない。

結局、ポラリスを待てなかった。
「遠くの親戚より、近くの他人」
と言うと、表現に若干違和感があるけど、予想以上にモモが、今の自分に合っているというのも、決めてとなった。

モモが販売され始めた約10年前、その吹きやすさに、福岡に行っては試奏させてもらったのを思い出す。あのころは49か50かなと思っていた。

で、本腰でオケに関わるとなれば、今のオケの求めているサウンドに合わせていく必要がある。今のマッピも悪くはないが、安定性に欠けるのだ。

そこで、トニカさんの在庫から気になるものを一通りチェックした。その中に久しぶりにモモをノミネート。予想以上に、今の自分が求めている要件を満たしてたのである。で、さっそく取り置きしてもらうことに。

よく考えたら、今の楽器でモモを試したことはなかったので、早くそうすれば良かったと、少し後悔。

これからのオケ練、本番が楽しみになってきた。
posted by macky at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168665916
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック