ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2010年10月18日

マウスピース選び

ここ2,3年前からスタジオミュージシャンから広がりを見せ、今やクラシック界においても、絶大な支持を得つつある。国内トロンボーンマウスピースクラフトメーカー、willie’s。

なぜ、これまでに支持を得ているかというと、もちろん、技術の高さもさることながら、彼がトロンボーン吹きであるが故に、通常の理論の枠を超えたミュージシャンの経験則を積極的に取り入れた事である。

今年のトロフェスで彼とお話させていただいたが、これまでのシグニチャーモデルの制作秘話は実に興味深かった。

「○○さんは、調子のいいマッピは○○がずれている。だからそれに合わせて、○○の部分をそのまま再現した」

とか、とにかくマニアック。

そんな中でできた最近のクラシックモデルは一度は吹いて欲しいモデルだ。

もう一ついうと、彼のマウスピースは「当たる」のである。

そして、彼は相談会を開き演奏者の気に入る一本を仕上げてくれる。

ぜひ、一度、彼のマウスピースを手に入れて、トロンボーンを堪能して欲しい。
posted by macky at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166115650
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック