ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2010年03月29日

新たな局面

今までにない、でも十分想定できる局面

歳をとれば、それだけ細胞組織は劣化するわけで、こればかりは練習ではどうにもならない。

女性の方は、30代を過ぎたあたりから、肌との戦いが始まってて、我々野郎どもより、遙かに敏感である。

で、比較的、身体が柔らかいと自負している自分自身にも、かつて無い唇の引っ張り感とか、もろもろ、出始めている。

細管はそんなに影響ないんだけど、太管は、その日の調子で、明らかに違う。最近は、この違和感との戦いだったりする。

歯並びも微妙に影響しているみたい。
もともと、そんなにいい方ではないが、それでもここ数年、とても安定していて、良い感じだっただけに、もしこの違和感が歯並びのせいだとしたら、大幅に見直さなくてはならない状況かもしれない。

まあ、しょっちゅう楽器を持ててないことも、その原因の一つかもしれないけど。。。

ともあれ、推移を見守りながら楽器を吹く日々が続きそう。。。
posted by macky at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わりと25過ぎてからきますwww。
 が、ほんとに刻々と肌の衰えがすごいです(泣。
歯並び。確かに大切だなぁと思います。見た目の歯並びもなんですが、噛み合わせがとても良くなり、骨格のズレまでも矯正で治している点は自分でもこんなに変わるもなのかと驚いてます。
 見えない部分ですが、本当に大きいものだなと思いました。
 
 
 
Posted by ai at 2010年03月29日 16:02
そうですか。。女性の方には避けて通れないですよね〜

皮膚の組織とでも言うんですかね、私の場合、ある一定の年齢から衰えの自覚が著しくなりましたね。

で、今、それを実感しながら、楽器吹いてます。
ウソみたい

歯の問題も付きまとってます。差し歯は言わば爆弾で、ダメになった時の恐怖感というか、危機管理を改めて感じてる次第です。

この歳になると、インプラントも視野に入れなければと真剣に思ってます。

70歳まで吹きたいから^^
Posted by macky at 2010年03月29日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック