ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2009年06月03日

この時期になると

コンクールが近づきましたね

この時期になると決まって、「ハイトーン」の検索が目立ちます。

裏技の方も見て参考にしていただければと思いますが、音域拡大は「1日にしてならず」で、毎日の積み重ねが大事です。

それは何故かというと、金管楽器を吹くためのアンブシュアは普段の生活とは違った特別の形だからで、それを自然と出来るようになるまで、練習の積み重ねが必要なのです。

きちんとアンブシュアが出来ればエアのコントロールでハイトーンが出せるようになります。

アンブシュアに苦労のない人は「エアが大事」と言うと思います。
でも、今まで色んな人を見てきてますが、アンブシュアがまず持って出来ていない場合がほとんどです。

そのために無理に力が入り、呼吸が厳しくなり、高い音が出ない
ということに陥るわけです。

では、どんな練習が効果的か

一番良いのはリップスラーですね
それとインターバル
アーバンとか一般の教本に出ているので楽器屋さんで参考にして下さい。

レミントンを持ってる方は
ノーツスラーもやるといいと思います。
リラックスしたブレスコントロールを心掛けるのがコツです。

で、Hi-Bbあたりでリップスラーが出来るようになったら、タンギングの練習ですね。
中音域と同じように表現が出来なければ意味がありませんから
換えポジションによる練習も大事です。1・2ポジションばかりに頼らず、遠いポジションでの高音域を練習すると色んな意味でバリエーションが増えます。

この辺はワトラスの教本が見やすいですね。





リップスラーの注意点
アパチュアが保たれているか
口の周りが堅くなり過ぎていないか
マウスピースにプレスをかけすぎていないか
ブレスは十分取れているか

といったところでしょうか
後、全ての練習が終わった後にすることですね
アンブシュアを保つ筋肉が疲れているところでやらないと意味がありません。
最低30分やってほしいですね。

















posted by macky at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック