ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2008年11月10日

デンタルな話 その2

で、みなさん、歯は生え揃ったらずうっと一緒だと思います?


答えはNoです


専門的にお答えする事は出来ませんが、1年もすれば歯並びは変わってしまうそうです。だから、長年ブランクがあって、自分のイメージどおりに音が出ないのは、そのためだと思われます。

毎日吹いている人でも年齢を追うごとに、アンブシュアを支える筋肉のバランス等が変わっていくので、それに伴うのだと思われます。
普段の食生活のみならず、寝る時間や仕事の種類で使われる身体全体の筋肉、関節等に対する負担、これらが絡み合って変化していくわけです。

ですからトッププロの奏者の方の中には、毎年歯型を取っている方がいらっしゃいます。
私の師匠も石膏で作ってもらっていました。これは事故等で歯のトラブルに見舞われたときのための保険という事でした。

さすがに、私はやってませんが、プロを目指す方は大事な商売道具なのですから、そのくらいの事はやって当然なのかもしれません。

ですから、新楽器について惚気てますが^^;このセッティングも今の年齢だからこそ、ベストマッチなのかもしれません。
とはいえ、吹き続けている事で歯並びも少し変わったのも事実。
正直、「今の歯並びを取っておきたい」と初めて感じるようになりました。

皆さんはいかがされますか?
posted by macky at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーンの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック