ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと 楽器が上達するには


2017年11月30日

吹奏楽で培ったもの

おはようございます♪

前回、私自身のベースがクラシックだと申し上げましたが、吹奏楽で得たものも少なくありません。

大学時代は本当に濃密でした。
そして、音楽隊での10年。

たくさんの吹奏楽オリジナルを演奏する機会に恵まれました。
M.グールド、Y.D.ルースト、ホルスト、コープランド、藤田先生、保科先生


数えだしたらキリがないですね

そして、素晴らしい編曲

吹奏楽でしか味わえない分野だと思います。

なので、指導者の方は生徒さんのためにも、ご自分のためにも編曲するべきだと思います。

そのバンドの強みを生かせるのですから

特にアレンジものは、演奏するバンドのその時代の特色を色濃く反映したものが多いので、他のバンドが演奏しても全くNGなときが多々あります。
その辺に手を加える、または省くといった作業を


怠ってはいけないです


と上から目線ですが

オリジナルは編成が揃わないと成り立たないけど、アレンジものはそのバンドの特色を反映させやすいのです。
マーチングでもそうですが、一般の楽譜をそのままで使わずに、必ず奏者のために手を加える習慣を身に着けると、一味もふた味も違ったオリジナルの風味が出て、

素晴らしいオンリーワンを築けるのですよ♪

自分が知っている吹奏楽の音楽的魅力って、そんな感じです。

今日も良い一日を♪
posted by mackie at 08:40| Comment(0) | 吹奏楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

ジュニアオーケストラで培ったもの

自分はトロンボーンのイロハをジュニアオーケストラをはじめとするクラシックで学びました。

そういう意味では他の人と少し違っているかもしれません。
ほとんどの方が吹奏楽出身者でしょうから


小学校がオーケストラ部だったこと
中学校には2年生まで部活が存在しなかったこと
高校にも部活がなかったこと
中学1年ときにクラブにいたファゴットの先輩からジュニアオーケストラを薦められたこと

という偶然が重なって、ジュニオケに所属するようになったわけです。

そこには、当時セイカツ先生率いる大淀中学校のメンバーがいて、それはそれは鍛えられました。

お陰で、中学3年次にはそこそこ吹けるようになってました。
そして何よりもたくさんのクラシック曲を吹くことが出来たわけです。

モーツァルト、ベートーベン、ブラームス、ロッシーニ、シューベルト

数えたらキリがないですね〜

こういう最初の部分って案外大切なんだな、って最近良く感じます。


あのころがあったから、今がある


今日も良い一日を♪
posted by mackie at 08:12| Comment(0) | クラシックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはようございます♪

いかがですか?

ハイトーン特集

質問、ご意見お待ちしてますね〜♪

ちょっと寒くなりましたけど、相変わらず堤防で練習してます。







場所は転々としてますので発見するのは難しいかもです〜

楽しく練習できるって幾つになってもワクワクするものなんですね〜
皆さんも、ずうっと続けられるように願ってます


別にプロ目指さなくても


上達したらしただけ、音楽の幅が広がるし、交流も広がりますから
posted by mackie at 07:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

ハイトーンが出るようになるきっかけ

音域って上下に均等に広がっていきます

なので

ペダルロー、ダブルペダルローが出るようになります

ということは


ペダルの練習もするべし



posted by mackie at 07:53| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

ハイトーンを出すコツ

ハイトーンを出すコツ

それは

隣の音を良くすること

簡単でしょ?

自分が吹く音で一番いい音がチューニングのBbだったら、HやAを
そしてHやAが良い音ならCやAbを

同じように

いい音にしていく

ただそれだけ♪
posted by mackie at 16:29| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

感想

おはようございます♪

先日の東川さんのレクチャー、とても良かったです

もっと学生さんに参加してもらいたかったけど、時間的に丁度いい感じの参加者数でした。
あれ以上多くなると正直、全員に行渡らないから。

トッププロの前で吹く緊張感を味わっただけでも、すごい経験だったと思います。

みんな、よく頑張りました

これからの練習役立てて欲しいですね

それと、もっと自分達が頑張っていかなきゃって、そう思いました。

本来ならばすでにクリアしているべきことを、彼に教わるのはちょっともったいない気がしました。
あと、自分が教えてる生徒、教えてきた生徒も当然参加したわけですが、しっかり教えないといけないなぁと思った次第です。まあ、本人達は、今まで言われてきたことを聴いてる感はあったと思います。

ただ、それを実践するにあたって、ちょっと緩かったので、本人達はもっとやっておけばよかった、って思ったはず。逆に言うと、多少厳しくでも、やっててよかったって思ってもらえるように、しっかり教えたい気持ちが強くなりました。

あと、やっぱり、あれだけのトッププロに来ていただいているのだから、もっと引き出しの中から引き出させる生徒がいるべきで、そういう意味でも、自分も含めて指導力不足。。。

もちろん、基礎中の基礎をやっていただいたことは、とても重要で、指導者の方にも見ていただきたかったですね。

特に呼吸や、タンギング。

恐ろしいほどの誤解が学生に蔓延していると言わざるをえないです。

これは、完全に指導者の責任

自戒の意味も含めて、

子ども達のためにやってあげられることは

すべてやる

自分の知ってることを出し惜しみするつもりはありませんので、気軽に聞いてくださいね〜♪

今日も良い一日を♪

※このブログはリンクフリーです^^。質問感想、気軽に送ってください♪
posted by mackie at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

話が逸れたついでに

Abアタッチメントを、この2ヶ月間使用した感想です。

最初の目的
小学生の演奏負担を減らせることを期待

⚪7ポジ→5ポジで演奏できる
⚪テナーバスよりも軽い


個人的な期待

⚪第6倍音の補正
⚪テナーに近い音
⚪中音域でも換えポジション


実際に使用してみて

全てにおいて期待以上のできでした。
テナーバスよりも相当軽く感じます。
音もテナーの響きでした。

⚪中音域で2度のトリルが可能
⚪換えポジが機能的に使えるので、中音域でのクロマティックがスムーズにできるようになった。
⚪テナーバスの低音の実用音域まで演奏可能(下第2間のDまで)

年齢的にもスライドワークが負担になってきていたこともあり、この改造はとても効果があることを実感できましたし、そういう意味では小学生、女性、小柄な方にとっては演奏負担を減らすことが期待できます。

プロの方でも、今までにない使用方法で新しい世界を切り開くのではないかと思っています。

私自身、この歳になって、こんなに練習意欲が湧くなんて思ってもみなかったのですから。

沢山の方に吹いてほしいですね♪




※このblogはリンクフリーです。感想、質問、ご意見お待ちしております♪
コメント欄、又はフォームにをご利用ください。

posted by mackie at 22:42| Comment(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10代のうちにやっておくべきこと

スライドワークのお話。

肘で動かすのは常識なんですが、ただ素早く動かしてもうまくいかないですよね。

動かすタイミングが大事


コツは



音を置きにいかないこと



これだけで決定的な差が出ます。

あと


可能な限り換えポジションを駆使して効率よく吹くこと


体力の温存にもなりますし、3ポジションを以上つまり半音3つ以上動かす場合、音程やイントネーションに危険性が生じます。

だから
換えポジションの有効活用はトロンボーンの上達には欠かせません。

ここからは話が逸れますが。。。

Abアタッチメントがあると格段に操作性が向上するわけです♪

先日のレクチャーに参加された方からとても興味を持っていただきました。
そうしたら、その方から聞いたのですが、なんと恩師の萩谷先生がG管のアタッチメントをパイパーズに寄稿されたいたとのことで、アメリカのスタジオミュージシャンから勧められたらしいです。

自分的には断然Abアタッチメントですね。トリルキーにも使えるし、1〜6ポジの切り替えの繋がりが中音域でとてもいいのです。

G管だとユーフォの3番ピストンの長さ
Ab管だと1番ピストンの長さ

スケール等でも利便性は後者だと思うんですけど。第6倍音の補正にも使えますし。

勢いで書いちゃいましたけど

ぶっちゃけ


若い人に使ってもらいたい


のです♪

地元だとアムールの研さんは知ってますので相談に応じてくれると思いますよ♪
posted by mackie at 22:25| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

合奏中やってはいけないこと

合奏だけでなく、アンサンブルやソロの曲練でNGなこと

チューナーの使用

チューニングトレーナーの使用

これ守るだけでも上達度UPしますから♪
posted by mackie at 10:15| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありきたりなこと

チューニングもそう

基礎練もそう

何気にやってる、その中身が問題

一日一日が無駄な練習で終わらないように


※このブログはリンクフリーです^^。
 感想、質問等コメント欄若しくは右側のフォーム、書き込みお待ちしてます♪
posted by mackie at 10:11| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無事終了♪

おはようございます♪

昨日、宮崎市内で開催された東川君の「トロンボーン吹きの集い」

無事終了しました

大したお手伝いは出来なかったのですが、久しぶりに自分も楽しみました。

午前中のレクチャーは本当にためになることを惜しげなく披露してくれてましたね。

こういう機会が子ども達にとれだけ重要か改めて感じたしだいです。

江田君や尚平くん達とのアンサンブルも見事でした。
あれを聴くだけでも、相当な体験をしたと思います。

彼らの進歩も著しく、日々精進しているんだなぁ
本当に頼もしい若者が育ってきていて、彼らが宮崎に還元してくれるのがとてもありがたいことだと思います。

矢野君の編曲も素晴らしかったし、彼らが本当に仲良くやってくれていることを実感した日でもありました。

大人の部では、

がっつりホルスト組曲!

吹奏楽部部員に戻った感じ 笑

新しい交流もでき、とても有意義に過ごさせていただきました。

松原先生をはじめ、バラグミのスタッフの皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

※このブログはリンクフリーです^^。
 感想、質問等コメント欄若しくは右側のフォーム、書き込みお待ちしてます♪
posted by mackie at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

コンクールに必要なこと

やっぱり、チューニング

お互いの気持ちがそろっているか

それに尽きます

あ、うん

ってよく言いますよね。

自分を信じること

相手を信じること

もう、随分前に高崎中の子ども達に言ったら、結構はやったフレーズです♪
posted by mackie at 11:36| Comment(0) | アンサンブルのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ明日!!

20171123.jpg

芸大オケトロンボーン奏者でトワイライトトロンボーンカルテットのトップ、東川君が来宮です!

今からでも遅くないです


是非いらしてください!

もちろん!

楽器持参でね


posted by mackie at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

やっぱり

クラシックの人って薀蓄がすごい。

でもここではトロンボーンに纏わる話。

この件で最も薀蓄を語れる方は佐伯さんでしょうね。
彼の本を読めば、トロンボーン吹きのみならず音楽が激変します。

特にスコアリーディングは間違いなく変わるし、技術的な解釈も変わってくるのです。

吹奏楽出身者に有り勝ちな、とおり一辺倒のアーティキレイションがいかに音楽を台無しにしているかを実感させてくれます。

解釈をどう演奏に実現させるか、それは師から受け継いだものが重要になってきます。
だから、演奏者の多くは誰から師事を受けたかをプロフに明記するのです。

そうやって少しずつ進化すればいいのだと思います。

だってクラシックは500年もの歴史があるのですから♪

そういう意味では佐伯さんの本は必見です

ご意見、感想、コメントお待ちしてます♪
posted by mackie at 13:16| Comment(0) | クラシックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

おはようございます♪

雨が続いてますね〜
午後から晴れるみたいですけど

寒くなって外で楽器吹くのが、ちょっと辛い

でも頑張って練習しましょうね

今日も良い一日を♪
posted by mackie at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ハノーファー

今話題のトロンボーンユニット ハノーファー。

とうとう来日しましたね〜♪

You Tubeは

こちら

ぜひ聴いてみて!!
posted by mackie at 07:54| Comment(0) | CD&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

そんなこと解ってるのに

できない。

思ったように上達しない

そんな、あなた

連絡ください

基礎練から曲錬、受験

疑問、不安にお答えします♪

そんなこと知ってる、やってる

でも結果が出ない。それは

見落としがあるから

これは、なかなか1人では気付きません。

あなたにあった処方箋

欲しくないですか?

一緒に上手くなって、楽しい演奏を満喫しましょう!!!
posted by mackie at 07:45| Comment(0) | 楽器が上達するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

おはようございます♪

天気いいですね〜♪

昨日久しぶりに地元のリペアさんのところに行ってきました。
東川君のレクチャーのアナウンスです。

彼は元々トロンボーンで息子さんもトロンボーン。

なので、トロンボーン奏者のよき理解者なのです。
仲のいい顧問の先生にもアナウンスしてもらえればと思って、前から行こう行こうと思っていたのですが、

なかなかお店にいないのです

基本、外回りのお仕事なので、当たり前って言えば当たり前、か。。。

でも、昨日仕事へ行く途中、お店が開いていたので、短い時間でしたが、楽しくお話させていただきました。
彼ともかれこれ40年のお付き合いですからね〜

楽器の話も少ししたんですが、タイムアップ

またの機会にじっくり、お話したいと思います。

さて、今日も朝練行って来ますか

気軽に声かけてくださいね〜♪

今日も良い一日を♪
posted by mackie at 08:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ワンコインレッスンについて

ワンコインレッスンの概要をお知らせします。

◎1人につきワンコイン
◎一つの内容につきワンコイン
◎宮崎市街から半径50km以上の地域については別途交通費として500円(宮崎県外は別途相談有)承ります。

詳しくは、フォームまたはフェイスブックやライン、ツィッターを通して
ご連絡ください♪

ご応募お待ちしてます♪
posted by mackie at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほとんど毎日やってます♪

宮崎市内の大淀川堤防で練習してます。

午前中、8時から10時くらいの間

場所は平和台大橋より下流の河川敷ですが、その日によって違います。

もしよかったら一緒に練習しましょう

お問い合わせフォームから連絡していただいても構いません。
突然来ていただいても結構ですよ♪

ワンコインレッスン承ります
posted by mackie at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。