ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2017年09月10日

楽譜の読み方A

おはようございます。
いい天気ですね♪

でも台風来てるらしいです。。。

今日も楽譜の読み方についてなんですが、
先日クラシックコンクールの予選の審査で感じたこと。

ていうか、学生によくあることなんですけど。
楽譜通りにうまく吹いてるけど、そこで終わっているよね、ってこと。

楽譜に書かれている音符の意味を自分なりに理解して吹いてないですね。
教本やっている段階から音楽的に吹く習慣をつけるといいと思うんですが、
実際、フランスもの、ドイツもの、アメリカものの三冊は持っておいて、
その教本を元に練習するのがいいと思います。

まあ、あくまで目指している人は、という話なんだけど。

そんな中で、楽譜からニュアンスを読み取っていくことができるようになっていくと思います。

つまり、この音にはテヌートはないけどテヌートが必要、とかね。
そうすることによってキチンを楽譜をとおして音樂を設計できるようになっていくんだろうと思います。

それにしても、去年は鹿児島で審査行ったけど、宮崎のレベル、緊急事態に近いですね。。。
そうとう差がついちゃってます。

悲しい。。

あ、自分が頑張らなきゃということですね。

毎年毎年、同じようなことでも子ども達にとっては初体験。

種まきして、きちんと育てていかないと。

楽器を手にした子ども達が、それを糧に良い人生が送れるようにね。

今日も一日よろしくお願い致します♪
posted by macky at 08:19| Comment(0) | トロンボーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする