ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2017年09月05日

楽譜の読み方@

おはようございます。
今日も天気がいまいちですね〜。
どうぞよろしくお願い致します。

トロンボーンを含めて、中低音の金管楽器で必ずと言っていいほど、出てくるのがBb読み。
いわゆる「ベー読み」。
未だにやってるんですね〜。
で、どうしてこんなシロモノができたのか。

多分ね、指導者の都合。

正直、しょうが無いのかなぁ。
沢山の生徒さんをいちどに教えるのに有効な手段だとは思いますから。

ただ、教わった子ども達は混乱の極み。

自分はというとC読み、いわゆる「ツェー読み」で最初から教わったので、その辺の苦労がナイです。

吹奏楽だとどうしてもBb読みは無くならないでしょうね〜。
もともとBb管だしね。

ただ、この読替えは、トロンボーン吹きにとっては最初の始まりで、テナー・アルト記号読めなきゃいけないし、持ち替えもあるので、これくらいで凹んでいたら、楽器なんて上達しないでしょ〜ッて感じかな。

頑張って読み替えして欲しいですね。



posted by macky at 09:19| Comment(0) | 音楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする