ご来訪、ありがとうございます。

私mackieはトロンボーン奏者で、演奏はもちろん金管楽器演奏技術、
吹奏楽、マーチングの指導や作・編曲・コンテ作成等を行なっています。

経歴は、こちら

イオンモール宮崎にて宮日iカルチャーセンター
トロンボーン&金管楽器講座
を開講中です。受験生、上級者のための個人講座もあります。
体験講座も随時受け付けています。

はじめに

トロンボーンの裏技 トロンボーンのこと 吹奏楽のこと クラシックのこと

マーチングのこと アンサンブルのこと ソロのこと コンクールのこと


2014年10月27日

結果

薄暮行ってきました。スコアは散々だったけど、収穫はありました。

まずはパター。やっぱり歯が立たなかった。今の弾くボールだとグリーンが少し速くなったら対応できませんでした。河川敷も少しずつ改良されているんですね〜。
アンジュレーションもきつく、難しかったです。

アプローチで相当いいところに付けないと2パット3パットしてしまいます。

距離も全体的に延びていて、ショートは何れも150ヤード以上。それ以外も30から40ヤード延びてました。

そんな中で収穫があったのは、ドライバー。やっぱりピン!!。アゲインストも何のその。さすがに、当たりが薄いと飛距離が落ちますが、振った感覚と球筋か一致しているので、納得できるところがとても気に入りました。

このシンクロ感覚っていうのは、とても大事です。これはシャフトの恩恵でしょうね。当分はこれでいけそうです。

ショットの切れも少しずつ戻ってきたし、
パターも、今までどおりオデッセイのL字マレットに戻して、セッティングも1年がかりりで落ち着きました。

これからのラウンドが楽しみです。
posted by macky at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする